輸入ビジネス小ネタ

海外仕入れの交渉は大変なのか?意外と簡単なのか。

2016/08/31


ある程度利益がでるようになったら取り組みたいのが
『交渉』ですよね。

交渉によって安く商品を手に入れることができれば
安定してその商品を売り続けるための
参入障壁になるわけで、誰しもが取り組みたい所だと思います。

しかし、現実は

・難しそう
・英語怖い
・成功しなそう

などの不安要素があり、
今いち踏み込めずにいる人も多いと思います。

結論から言いますと、交渉自体は簡単です。

理由は大きく2つあって

1つは相手が無限にいる。
ということですね。

1つの商品に大してもその商品を扱っている
卸、出品者は複数いるわけで、
星の数ほどある商品に更に複数の出品者がいるので
その数は相当なものになります。

ですので、いくら成約率が悪くても、
交渉を繰り返していれば当然、いい返事をもらえるようになります。

2つめは相手もビジネス。
というところです。

例えば自分が在庫を100個ぐらいもっている商品に対して
『50個売ってください』
と言うメッセージを貰ったら、嬉しいですよね?

多少利益率が落ちても、
まとめて買ってくれるお客さんはありがたいわけです。

この逆バージョンが交渉ですので、
そもそも相手がいやがることをしているわけではなくて
喜ぶことをオファーしているのです。

当然、成約しやすいですよね。

こう考えると、簡単な気がしませんか?

ただし、当然労力がかかりますので
時間を効率的に使ってやることが一番大事になります。

交渉をシステム化したり、
ガンガン成約するノウハウを構築すれば
物販ではかなり盤石の状態を築けます。

まずは、メールを1通送る所からはじめてみましょう^^

 

 




登録


ps、LINE@はじめました^^ メルマガやブログに載せない内容も いろいろ企画していく予定です。 よろしければご登録お願いします!!

登録


-輸入ビジネス小ネタ