ビジネスマインド

今以上をいつも欲しがるくせに変わらない愛を求め歌う

2016/08/18


バレンタインなので、恋愛?ネタを。

 

Mr.Childrenの『くるみ』という歌の歌詞に

『今以上をいつも欲しがるくせに変わらない愛を求め歌う』

というものがあります。

逆説を利用した素晴らしい歌詞ですが
これって本当に本質をついている言葉だと思います。

今以上を欲しがる

変わらないものを求める

という二つの矛盾した欲望ですが、
人間にはこの二つの欲望が両方とも備わっています。

そして、両方ともそれを失くすことはできません。

今以上を欲しいのにそれを得ることができない。
ことが悩みにつながり、

変わらないものを求めているけど変わっていく現状に
大きなストレスを感じるわけです。

これは個人ビジネスにももろに当てはまる言葉でもあります。

ビジネスをやっている以上、
もっと上に、もっと上に、という気持ちは誰もが持っています。

しかし、その逆に『現状の安定』が崩れてしまうことに対する
恐怖も同時に抱えているのです。

副業なんかですとわかりやすいですよね。

『お金』だけにフォーカスを当てて考えると、
もっとお金を稼ぎたい。という気持ちはあるけれども
だからと言って本業には影響を与えたくない。

この2つの相反する気持ちがぶつかり合って
均衡を取っている状態が副業だと思います。

で、こういう話になると最終的には

『でもリスクを取らないと成功しないから
現状を大事にする気持ちはなるべく捨てよう』

的な論調になりがちなのですが
それは少し暴論だと思います。

そもそもリスクを取ってお金を稼ぐことが
正解かは誰にもわからないわけです。

リスクを取ってお金を稼いだ人が
死の間際に大きな後悔をすることも数多くあるでしょうし、

逆に、現状維持を選んでそのまま生涯を閉じた人が
最後に幸福感を感じて死んでいくことも数多くあるでしょう。

それらを考慮すると、

今以上をいつも欲しがるくせに変わらない愛を求め歌う

というフレーズがかなり重く聞こえてきます。

ただ、僕の解釈ではこのフレーズには皮肉とヒントが隠されていると思っています。

今以上をいつも欲しがるくせに変わらない愛を求め歌う

というフレーズの中に『くせに』という言葉を使っているのは
ある意味、嘲笑のニュアンスが含まれているわけで、
言い換えると『思考停止で日々を生きて行く弱さ』的なものを
表しているのではないかと思います。

そして、それを逆に捉えれば、
しっかりとした思考の元、そのバランスを決めていくしかない。
ということを暗示しているようにも思います。

周りがこうだからこう。
とか
普通はこうだからこう。

ではなくて、
自分がどう思っているから、こうしたいから、こう。

という意思がそこにあるかどうか?
それが大事なんだよ。というメッセージとしても読み取ることができます。

いろんな方とお話ししていて、
そういうせめぎ合いを感じることが結構あります。

頑張ってお金を稼ぐために努力をしているんだけど、
自分でもなんでそれをしているのかに納得できていない。
なのでいくら稼いでも虚無感しか感じない。

そういう悩みを抱えている方って結構多いです。

なので、もっとそれ以前の話で、
何を求めて何をしたいのか?ということを
明確にしてそれを行動基準にする必要が
あるんじゃないのかなぁ?
と最近思います。

うーん。

マインドというか、人生論的な話になるので
今思っていることをうまく伝えられるか不安なまま
記事を書いているのですが、
どうやらあんまりうまく書けなかったです笑

でも、そういう悩みを抱えている方には
何かしらのきっかけにしてもらえると思います。

最後に、

今以上をいつも欲しがるくせに変わらない愛を求め歌う

のフレーズの後の歌詞を紹介して
終わりたいと思います!

今以上をいつも欲しがるくせに
変わらない愛を求め歌う
そうして歯車は回る
この必要以上の負担に
ギシギシ鈍い音をたてながら
希望の数だけ失望は増える
それでも明日に胸は震える
「どんな事が起こるんだろう?」
想像してみよう
出会いの数だけ別れは増える
それでも希望に胸は震える
引き返しちゃいけないよね
進もう 君のいない道の上へ

 

 




登録


ps、LINE@はじめました^^ メルマガやブログに載せない内容も いろいろ企画していく予定です。 よろしければご登録お願いします!!

登録


-ビジネスマインド