Amazon攻略

ここ最近のAmazonアカウント乗っ取りの情報と、対策をまとめてみた

2017/04/28


562340-1024x771

 

 

先日からAmazonにて起きている『アカウント乗っ取り事件』ですが、
最初はセラーフォーラムでの話題から始まり、
今ではニュースに取り上げられるほどの大きな問題になりました。

我々セラーにも実害がある可能性のある問題ですし
対策しておけることもありますので、
ここまでにわかっている情報をまとめてみたいと思います。

ぜひ参考にされてみてください。

 

 

 

事の経緯

 

 

4月の始まりあたりから

『変に価格を下げてくるセラーがいる』

ということが話題になり始めました。

 

共通点としては

 

・評価はあるが、最近の評価は全くない
・売れ筋商品ばかりを大量に出品している
・在庫数は各商品につき30個以上持っている
・自己発送で出品している
・名義は日本人、住所も電話番号も間違いないもの
・購入しても商品が届かない

 

このようなものでした。

 

数日すると、それがアカウントの乗っ取りではないかと噂が立ち
この辺りでネットでも話題になるようになりました。

同時進行で多くのアカウントが乗っ取られ、
被害者も加速度的に増えていき、
Amazon物販の情報発信者さんのほとんどが
この情報について何かしらの見解を発信していました。

 

明らかにAmazonも水面下で対応していて
(一説にはそのせいでAmazon内SEOがぐちゃぐちゃになったとの話も)
裏では詐欺集団とAmazonとの壮絶な戦いが起きていたことが想像できます。

 

その後、被害はどんどん拡大していきましたが、
Amazonの対策が功を奏したのか、
全体の変なセラーの量は少しずつ減ってきています。

 

しかし、そんな中で今までは大丈夫だと思われていた
現在進行形でログインしているアカウントが乗っ取られているケースが出てきていて
まだ事の収束には時間がかかりそう。
今はこのような状態かと思います。

 

結論としては、中国系の集団が総当たりでアカウントの乗っ取りを試みて、
乗っ取ったアカウントで商品を大量に販売。
当然商品は発送しないのですが、発送通知だけ嘘で出して
売上金の入金があった段階でそのアカウントは放棄。
また別のアカウントで同じことをする。

このような手法での詐欺であることがわかっています。

 

非常に悪質な行為ですが、
これによってあらゆるところに被害が出ました。

 

 

 

起きている被害

 

 

起きている被害をまとめてみます。

 

 

購入者に商品が届かない

 

実質的な一番の被害者ですね。
Amazonに詳しい人ならば、変に価格が安くて
マケプレ出品者ならば『怪しいな』と思えるのですが
多くの方はそこまで理解していないですから
普通に安い出品者から商品を購入してしまいます。

しかし、商品が届かない。

同時に申請が遅れると返金もしてもらえないので
単純にお金を騙し取られたことになります。
(ここら辺はAmazonが対応してくれそうですが)

また、購入したことで個人情報を抜かれてしまい
他の詐欺に利用されるのではないか。
という憶測も飛び交っています。

 

 

アカウントを乗っ取られた人

 

過去に販売をしていたけれども、今は休眠していたアカウントを持っていた。
こういう方のアカウントが多く乗っ取られました。

そして、そのアカウントの情報は銀行口座しか書き換えられず、
名義は本人のままですから、
購入者から見たら、そのアカウントの保持者が詐欺を行っていると認識します。

そのせいで、自分は何もしていないのに急にクレームの電話がかかってきたり、
内容証明が自宅に届いたりという、想像するだけで冷や汗をかくような
被害が出ているみたいです。
(僕の周りではここまでの被害は出ていないです)

被害の大きさとしては、これが一番の被害かもしれません。

 

 

相乗りされたセラー

 

乗っ取られたアカウントが出品するのは売れ筋商品です。

なので、単純転売をしているセラーというよりは、
メーカー直取や代理店契約をして1商品で大量に販売をしているセラー。
OEMで大事に育てたオリジナル商品を持っているセラー。

こういうセラーが出品している商品に相乗りがありました。

当然、半値などで出されてしまいますので、
そのセラーがいる間は売り上げが激減します。
しかも商品ページに悪いレビューが付く可能性も非常に高く、
これはオリジナル商品や独占商品を販売するセラーにとっては
致命的なダメージです。

 

 

価格改定に対するペナルティ(セールも)

 

以前から、あまりにも大きく価格の変更をすると、
一旦その商品の出品が停止になる措置がありました。

この事件が発覚してから明らかにそのラインが厳しくなったと言いますか、
例えばある商品では3000→2800円に価格を改定しただけで
出品が停止になった。という現象も起きています。

 

これは間違いなく、Amazonが詐欺の対策として
設定しているものだと思われますので
これも被害の一部と考えられます。

また、価格改定だけでなく、セールとしての販売にも制限がかけられているようで
これも上記理由と同じことだと思います。

 

 

 

対策

 

 

起きていることに対する対策ですが、
相乗りされてしまうことに関しては現状対策はありません。

Amazonに頑張ってもらうしかないのですが、
今のところ鎮火に向かっている傾向がありますので
これはAmazonの頑張りに期待しましょう。

 

絶対にやってほしいことは『乗っ取られないための対策』です。

 

前述した通り、アカウントを乗っ取られることが一番の被害を生みます。
ですから、その対策をしてください。

具体的には『ログインの2段階認証』をすることで、
簡単にアカウントにログインできないようにすることです。

 

設定は簡単で、3分あれば終わります。

 

セラーセントラルの『設定タブ』の中にある『ログイン設定』
をクリックします。

すると以下のような画面になりますので、
『高度なセキュリティ設定』の『編集』をクリックします。

 

Amazon_co_jpの名前、Eメール、パスワードを変更

 

 

2段階認証の設定画面になりますので、
電話番号を打ち込み、コードを取得し打ち込んで認証します。

 

認証後、バックアップの端末の設定も求められますので
電話番号が2個あればもう一つの情報で(もちろん固定電話でもOK)
なければアプリを利用して設定をします。

 

最後に端末ごとの設定ができます。
ここで自分のパソコンを登録しておけば
ログインの度に認証を求められることがなくなりますので
ここも設定しておくと良いでしょう。

 

 

2段階認証を設定しておけば、まず乗っ取られることはないはずです。
最近になって、現在進行形で動いているアカウントも乗っ取られるケースが
少し出てきているので、この設定は絶対に行なってください。

 

ただ、アカウントを2つ使っている方は、
この設定をすることで紐付けされて、停止につながる可能性がありますので
そこは気をつけてください。
(違う情報、違うIPで設定すればおそらく大丈夫)

 

 

 

この件に関して思うこと

 

 

今回これだけ世間を騒がせた乗っ取り事件ですが、
よく考えてみると今じゃなくてもそのうち起こり得ていた事件だと思います。

Amazonの仕組みの脆弱性をついた出来事ですので、
その脆弱性がある限り起こる可能性はいつでもあったわけです。

 

例えば、銀行口座の登録に書類が必要になるとか、
それだけでこの詐欺は成立しなくなります。
Amazonは何かしらのブロックをかけると思いますので
全く同じ事件は今後は起こらない可能性が高いです。

ですが、こういうのはいたちごっこですので
今後も形を変えて起こり得る可能性はありますね。

 

ですが、それを言い出したら何をしていても危険はあるわけで
だからAmazonが危ない。みたいな考えは違うと思います。

 

もちろん、Amazon自体が一番気をつけるべきですが、
我々セラーも気をつけられるところは積極的にケアする。
これはどんなビジネスでも一緒です。

 

あと、今回の件で改めて思ったことは

『セラーフォーラムはこまめにみるべき』

ということですね。

 

だいたいAmazonで何かが起きるときって、
一番最初にセラーフォーラムで話題になります。

ですから、ここをしっかりとチェックしておけば
理論上最速でその問題に対応することが可能です。

もちろん、玉石混交。色々な情報が飛び交っていますので
その真偽をしっかりと確認して対策する必要はありますが。

 

 

この件で僕が一番心配しているのはAmazon自体の印象の低下です。
こうやってことの顛末がわかれば、何のことはない問題なのですが
実際に騙された方で、深く理由を理解していなければ、
今後Amazonを使おうなんて思いませんよね。

それに悪い口コミが出回る起爆剤にもなりかねません。

この辺りもAmazonにはどうにかケアしてもらいたいところです。

 

まぁ、そうは言っても被害は限定的だと僕は考えています。
今までも同じような(乗っ取りではないけど)詐欺はあったわけで、
今回少し大きな事件になったということですので。

 

 

今年に入ってから、本当にAmazon界隈では話題が尽きません。

 

しかし、その全てに『誰でもできる対策』が存在しているわけで
僕らは結局それをちゃんとこなしながらビジネスをしていくしかないんです。

 

確かに、色々と最近は制限があったり、仕様変更があったりしてますが、
じゃあAmazonを捨ててどこで物販するか?と考えたら、
やっぱり結局Amazonがそれでも一番やりやすい。という結論になると思います。

 

特に、これから物販ビジネスを始める方にはそう言いたいですね。

 

確かに新規セラーに厳しくなっている傾向はありますが、
だからと言って、それを差し引いても
Amazonより稼ぎやすいプラットフォームがあるかというと
僕はないと思っていますので。

参考になれば幸いです!!
(2段階認証、絶対にしといてくださいね!)

 

 

 




登録


ps、LINE@はじめました^^ メルマガやブログに載せない内容も いろいろ企画していく予定です。 よろしければご登録お願いします!!

登録


-Amazon攻略