欧米輸入マニュアル

Amazonリサーチ方法 キーワードリサーチ

2017/09/17


 

 

Amazonリサーチの一番基本の方法、
『キーワードリサーチ』について解説をさせていただきます。

 

一番基本の方法であり、一番確実な方法でもあります。
他にも調べ方はいくつかありますが、
この方法だけでも十分に商品を見つけることができますので
まずはこの方法をマスターするようにしましょう。

それでは、順を追って解説していきます。

 

 

 

並べ替えを使って効率的に商品をチェック

 

 

実際にやりながら説明をしていきます。
まずはAmazonのトップページから
好きなカテゴリーを選び、検索ワードには『輸入』と打ち込み
検索をしてみましょう。
(今回はおもちゃを選択しました)

 

 

Amazon検索

 

 

すると検索結果一覧が出てくると思います。
このままですと順不同に並んでいますので
ここから並べ替えを行います。
以下の画像の右側の『並べ替え』の項目を
『おすすめ順』に指定してみましょう。
(以前はこの項目がランキング順という名称でした。
コロコロと名称が変わりますが、
意味はほとんど変わらないので気にしなくて良いです)

 

 

Amazon_co_jp__輸入__おもちゃ

 

 

指定するとページが切り替わると思います。
これで(ほぼ)ランキングが高い順に
商品が並んだことになります。

言い換えると『売れている順』ですね。

 

これで準備が完了です。

※ちなみに『カテゴリー』と『キーワード』を両方指定しないと
『おすすめ順』の項目を選ぶことができません。
例えばキーワードだけ指定してカテゴリーは選ばずに検索すると
おすすめ順での絞り込みができないと思います。
ですので、必ず両方を指定するようにしてください。

 

この商品群を上から一つずつリサーチしていくのが
いわゆる『キーワードリサーチ』です。

 

一番シンプルかつ、確実な方法ですね。

小技、裏技は数多くあるのですが、
まずはこの方法になれることが第一歩です。

 

実際にこの状態でリサーチをしていきつつ
説明を続けさせていただきます。

 

 

 

Amazon,comとの価格差を調べよう

 

 

まず、商品のリンクをクリックして
商品ページを開きましょう。

今回は以下の商品を調べてみます。

 

 

Amazon___ミニオンズ_ボブ_with_テディベア_怪盗グルー_トーキング_ライトアッププラッシュ_全高約25_5cm_ぬいぐるみ__並行輸入品____フィギュア・ドール_通販

 

 

カートボックスの価格は8400円ですので
これを基準にリサーチしていきましょう。
カートボックスに対する考え方は
以下の記事で解説しています。

カートボックスという概念

商品ページの下の方にある『登録情報』の部分から
ASINコードをコピーします。

 

 

Amazon___ミニオンズ_ボブ_with_テディベア_怪盗グルー_トーキング_ライトアッププラッシュ_全高約25_5cm_ぬいぐるみ__並行輸入品____フィギュア・ドール_通販

 

 

ASINコードとは、Amazon独自の商品識別コードです。
このコードは全世界共通となっているため、
海外のAmazonでASINコードが一致する場合があります。
そのため、まずはここをヒントに商品を探すことが
一番効率が良いです。

 

まずは、ASINコードを利用してモノレートのグラフを
見てみましょう。
モノレートに関する解説は以下の記事でしています。

モノレートの活用方法(グラフの見方)

 

 

ミニオンズ_ボブ_with_テディベア_怪盗グルー_トーキング_ライトアッププラッシュ_全高約25_5cm_ぬいぐるみ__並行輸入品___モノレート

 

 

十分に売れていますね^^

 

では続いてAmazon.comにて同じように検索をしましょう。
Amazon.comの見方は基本的に日本のAmazonと同じですので
難しいことはないと思います。

検索すると、以下のように一発でヒットしてくれました。

 

 

Amazon_com__B00PDMJU6U

 

 

こうやって全ての商品がASINコード一発でヒットしてくれれば
良いのですが、そう言った商品ばかりではありません。
ヒットしない場合は、型番で検索したり、英語名を調べて
検索したりすることも必要になります。

 

見つかりましたら仕入れコストの計算をして、
仕入れられるかどうかを判断します。
(計算に関しては以下の記事にまとめましたのでご参照ください)

各種経費の計算方法【欧米輸入ビジネス】

 

ここで利益がしっかり取れればすぐに仕入れをしても良いのですが
できればebayもチェックするようにしましょう。
もちろん、Amazonでいくら探しても見つからない場合も
ebayを必ず見るようにしてくださいね。

 

 

 

eBayのリサーチ

 

 

eBayではASINコードが使えませんので
商品名や型番で検索するしかありません。

 

そのため、まずはAmazonで商品を見つけてから
その後、Amazonでの英語表記の商品名を使って
eBayで検索するのが効率的でしょう。

今回見つかった商品ページの商品タイトルをコピーします。

 

 

Amazon_com__B00PDMJU6U

 

 

この商品タイトルをeBayで検索します。
すると、ズラーっと検索結果が出てきます。

 

 

Minions_Bob_with_Teddy_Bear___eBay

 

 

この中で一番安いものを探して、
また利益計算をしていくわけですね。
(eBayの細かい使い方は以下の記事で解説しています)

eBayの使い方(絞り込み・各種機能など)

 

 

 

このように、日本のAmazonでキーワードとカテゴリーを設定し
商品リスト一覧を表示し、並べ替えで売れ行き順にして、
モノレートで売れ行きをチェックし、
米Amazon→eBayとリサーチをして価格差を調べる。

これがリサーチの基礎の基礎です。

 

基礎ですから、もっと効率の良いリサーチ方法もありますし
言ってしまえば少し不効率な方法でもあるのですが、
この方法だけでも10万20万だったら稼げます。

僕がもし、今『やれ』と言われたら、
すぐに30万ぐらいは稼ぐことができると思います。

 

どんなビジネスでもそうですが、
基礎がしっかりしていればそこそこは結果が出るし
大崩れすることもありません。

もちろん、この方法だけで100万稼げ、と言われたら
それはちょっと難しいと思いますが。

 

 

特にこれから始める初心者の方は、
ぜひこの方法を一定量こなしていただきたいです。
この基本ができていないと、他のリサーチ方法を用いても
あんまり効果が期待できません。

 

半分修行という気持ちで良いと思いますので
ぜひまずはキーワードリサーチを極めてみてください^^

 

 

 




登録


ps、LINE@はじめました^^ メルマガやブログに載せない内容も いろいろ企画していく予定です。 よろしければご登録お願いします!!

登録


-欧米輸入マニュアル