欧米転売スタートアップコンサルvol,1

 

 

 

いよいよ10万円への第一歩が始まります!
道中いろいろな苦難が現れると思いますが、
めげずにしっかりと継続をして、なるべく早くクリアしましょう!

 

 

 

課題

 

 

1、各項目、動画を御覧ください。
  わからないことがあればチャットにご質問いただければすぐに対応します。

 

2、『登録するもの』の項目に記載されている各サイトに登録をしてください。

 

3、コンサルティングシートに必要事項を記載しチャットに添付してください。

 

 

講義動画

 

コンサルティングのイメージをつけよう

 

カリキュラム資料

 

コンサルティングシートver1

 

 

登録するもの

 

 

輸入ビジネスを始めるにあたって必要なものがいくつかあります。

ここではそれをご紹介しますので、もれなく登録をしてください。

 

分からないところはお気軽にご質問ください。

ネットに慣れてない方は大変だと思いますが、
こういう作業を通して是非慣れていってください。

 

 

ヤフオクID

 

ヤフオク

 

ここでヤフオクのIDを取得しましょう。

ついでに出品登録もしてください。
Yahoo!プレミアム会員(月額462円税抜き)に登録する事が必要です。

Amazonで販売していると返品や間違え注文などが稀に発生します。
そういったときにヤフオクで商品を捌くことがありますので
必須のサービスだとご認識ください。

 

 

Amazon(日本)会員

 

Amazon(日本)

 

すでに使用している方がほとんどかと思いますが、
まだ未登録の方は必ず登録してください。
Amazonがないと何も始まりません。

Amazon.comにも登録をしておいてください。
登録方法は後ほど解説をしております。

 

 

オークファン

 

オークファン

 

ヤフオクの落札状況をリサーチする為の魔法のツールです。
プレミアム会員(月額980円)には必ずなってください。

ただし、後で使わなくなる可能性がありますのでその際は解約をして結構です。

 

 

eBay

 

 

世界最大のオークションサイトです。
日本の販売価格の半値とかの商品がゴロゴロ転がっています。
リサーチで(特に最初のうちは)必ず使用しますので、登録必須です。

eBay

登録方法は後ほどの項目で説明しています。

 

 

PayPal

 

eBay上で決済を安全に行う為のサイトです。
最近は日本でもPaypalで決済が出来るケースが増えてきていますので
登録しておいて損はないです。

PayPal

これも後ほどの項目にて登録方法を説明しています。

登録後、本人確認まですませておいてください。(これも後述しています)
本人確認の操作後、パスワードは郵送で2、3週間してから届きますので、
取りあえず操作だけすませてください。

 

 

MyUS

 

アメリカの転送業者です。
海外に自分の住所をもってそこに商品を仕入れ、一括で送ってもらえます。
送料をおさえる為に必ず必要になるので、登録をお願いします。

MyUS

 

*アメックスカードを持っていれば転送料の割引(30%)を受けることができます。

 

 

 

とりあえず、上記全てのサイトに登録しておけば、輸入ビジネスは出来ます。

サクッと登録を済ませてしまいましょう!
宜しくお願いいたします。

 

*注意

最近、後々利用するFBAシミュレーターという無料ツールがAmazonの出店登録をしていないと使えなくなりました。
カリキュラムの6から使用することになりますので、なるべく早く登録しておくことをオススメします。

 

 

 

MyUS登録方法

 

 

輸入転売をする上で、転送会社は不可欠です。

様々な転送会社があり、それぞれサービスに特色があったり、
色々な違いがありますがMyUSはその中でも『価格』が圧倒的に安いです。
最終的に他の転送会社に乗り換えるとしても、まずはMyUSから使っていくことを
オススメしています。

 

 

 

MyUSへの登録方法

 

 

まずはMyUSのトップページに入ります。

 

以下のリンクをクリックしてください。

MyUS

以下のような画面になりますので、
右上の『SIGN UP』をクリックします。

 

 

MyUS登録1

 

 

すると以下のような選択肢が現れると思います。

 

 

Join_MyUS_to_Shop_US_Stores___Ship_Internationally

 

 

『Standard』『Premium』『Premium+mail』の
3つの選択肢が選べるようになっていますが
『Premium』を選択しておけば問題ありません。

 

『Standard』は年会費がかかりませんが、
その分転送料金がかなり高めになってしまいます。
ビジネスとして成り立つ量の仕入れをするならば、
相当な痛手になるので選ばない方が良いです。

『Premium+mail』に関しては年会費が3倍以上になりますが
サービスはそこまで良くならないので、
こちらも選ばなくて良いと思います。

 

『Premium』を選択して先に進みましょう。

 

 

MyUS個人情報登録

 

 

基本情報の入力をしましょう。
(入力項目に関しては上記画像を参考にしてください)

先に進みます。

 

 

PayPalクレカ登録

 

 

クレジットカード情報を入力します。
入力が終わりましたらNEXTをクリックし先に進みましょう。

 

 

MyUS決済

 

 

最後に年会費(もしくは月額費)の決算をして完了です^^

 

 

 

MyUSの倉庫住所の確認方法

 

 

登録が完了しましたので、
これでMyUSを利用することができます。

 

AmazonやebayにMyUSの住所を登録する必要がありますので
住所を確認しましょう。

 

まずはMyUSにログインをします。
MyUSのトップページの右上『SIGN IN』をクリックします。

 

MyUSログイン

 

 

ログイン画面が表示されますので、
メールアドレスとパスワードを入力しログインしましょう。

 

MyUS住所確認

 

 

 

管理ページが表示されますが、
右上に表示されているのがあなたの倉庫住所です。
これで、アメリカに住所を持つことに成功しました。

 

Amazonやebay、ネットショプで商品を購入したら
この住所にどんどん送れば良い。ということですね。

 

 

 

MyUSからの少額請求

 

 

MyUSにクレジットカードを登録すると、
稀にこのようなメールが来ることがあります。

 

Hello

At MyUS.com we are committed to ensuring the security of your account. Events such as adding a new card or high value orders, require that we ask you to verify your card. We have applied a small charge to your MC card ending in (番号) on . This amount will be refunded within 24 hours.

In order to verify your card, you will need to know the exact amount of the charge made to your card account by MyUS.com on or about the date above. You may obtain this amount by reviewing your card account statement -or- if you do not have access to your card statement, please contact your bank and ask them the exact amount of the charge from MyUS.com.

VERIFY YOUR CARD: Please click click here to verify the amount as soon as possible. Once the verification is complete you can use all the benefits of membership with MyUS.com. We look forwarding to serving you.

For more information on the Credit Card Verification Process click here.

 

これは、
『クレジットに少額の請求をしたから、
その額を確認してアカウント内で打ち込んでください』

というメッセージです。

 

つまり、クレジットカードが本当に自分のものか?
を確認するための連絡ですね。

これに対応しないと、転送をすることができなくなります。
ですので、早急に対応するようにしましょう。

 

クレジット会社によって、少しタイムラグがありますが、
web明細なら3〜5日、電話確認なら2〜3日で
決済額の確認ができます。

9.99ドル以下の決済がランダムで行われていますので
それを確認しましょう。

 

確認できたらmyusのアカウントに入り、

『account setting』→『my billing information』
と進み、決済額を入力してください。

 

これで、承認が完了します。

(クレジット会社によっては日本円の決済額しか
教えてくれない場合があります。
その際はyahooファイナンスの為替を基準に
ドルに変換して打ち込みましょう。
どうやら、多少の誤差は許されるらしいです。)

 

 

 

 

eBay登録方法

 

 

欧米輸入の仕入れに欠かせない
ebayへの登録方法について解説をします。

 

そんなに難しくありませんので
ぱぱっと登録していきましょう。

 

 

 

登録方法

 

 

まずはebayのサイトに入りましょう。

 

 

Electronics__Cars__Fashion__Collectibles__Coupons_and_More___eBay

 

 

左上の方に表示されている『register』をクリックします。

 

以下のような画面に移動するかと思いますので
必要事項を登録していってください。

 

 

輸入ビジネス入門完全版(制作ベース)

 

 

入力に問題がなければ以下のようなポップアップが出てきます。
この時点でebayからユーザーIDが記載されたメールが
届いているはずです。

 

輸入ビジネス入門完全版(制作ベース)

 

 

そちらを確認し、IDと先ほど入力したパスワードにて
ログインをしましょう。

 

ログイン後、トップページの右上に表示されている
『MyeBay』をクリックします。

 

 

Electronics__Cars__Fashion__Collectibles__Coupons_and_More___eBay

 

 

表示されたページにて『Account』をクリックします。

 

 

My_eBay Summary

 

 

続いて『Addresses』をクリックしてください。

 

 

My_eBay_Account__Addresses

 

 

住所登録の確認画面に移行します。

 

住所確認

 

ここではまず、登録住所を設定しましょう。
(転送会社に契約した後に、発送先住所を登録します)

 

 

住所登録

 

 

 

一つずつ入力していきましょう。
(上記の入力画面はフォーマットがコロコロ変わりますが
入力する項目は変わりません。ちょっと見た目が違っても
気にしないで入力していきましょう)

 

上記には例として

〒194-0003
東京都渋谷区道玄坂1-2-3

という住所の場合の記入例を記載しています。
(こんな住所はないです)

 

このような形で記載をしていきましょう。

 

 

念のため、各項目についての補足をしておきます。

Country/Region・・・国名を選択します。
Address・・・住所の入力項目です。
市区町村のあとの部分をここに入力します。
City・・・市区町村を入力します。
State・・・都道府県を入力します。
Postal code・・・郵便番号を入力します。
Phone number・・・電話番号を入力します。日本の携帯の場合は
+81の後に090の最初の0を取った数字を入力してください。
(09012345678の場合、+819012345678になります)

入力が終わりましたら、『Continue』をクリックして
先に進みます。

 

 

ちなみに、住所のローマ字表記がわからない方は
JuDressというサイトを使うと良いです。
簡単に日本の住所をローマ字に変換してくれます。

これで初期設定は終わりです。

 

本当はこの後にPayPalなどの登録をする必要があるのですが
それはPayPalの登録方法の項目で解説します。
(Continueをクリックした後に自動的にPayPalの
登録を促されるかと思いますが、とりあえずキャンセルを
しておけば問題ないです)

 

英語での登録なので、慣れない人は一苦労すると思いますが
やっていることは超シンプルです。
一つずつ疑問を解消しながら、こなしていきましょう^^

 

 

 

登録上の注意点

2014年9月に大量にebayのアカウントが凍結される事件がありました。
原因は転送会社の電話番号を登録していることによるものです。

居住証明がないために無効なアカウントとして判断されてしまっていました。

改善策として、問題の根本が解決するまでは以下の手順で登録してください。

1、ebayの登録住所は日本の住所、電話番号で登録する。
2、myusの住所はもう一つの発送先として後から登録する。

※これによってebaybucksの登録が不可能になります。
正直、当時いっぺんにアカウントが凍結されてからは同じケースを耳にしなくなったので
気にしなくてもほとんど大丈夫だと思うのですが、
ここは自己責任でお願いします。(僕だったら登録しちゃいます)

・Amazon.com登録方法

 

全世界、あらゆるところにあるAmazonですが、
基本的に輸入で使うのはAmazon.comです。
(ヨーロッパのAmazonも使いますが、それはまた別項目で解説します)

アメリカのAmazonということですね。
登録方法を解説していきますのでちゃっちゃと登録していきましょう!

 

 

 

Amazon.com登録方法

 

Amazon.com登録方法

 

まずは米Amazonのページを開きましょう。

amazon.com

 

 

Amazon_com__Online_Shopping_for_Electronics__Apparel__Computers__Books__DVDs___more

 

 

トップページの右上の方に『Account&Lists』という項目があります。
そこにカーソルを合わせると『Sign In』という項目が表示されると思いますが
そのすぐ下にある『New customer?』の横にある
『Start here』をクリックして会員登録に進みましょう。

 

 

米Amazon登録

 

 

上記画面になりますので、
必要事項を記入の上、『Create your amazon account』をクリックしましょう。

 

基本的な登録はこれで完了です。

Amazonが使いやすい理由がわかりますよね。

 

 

 

クレジットカードと住所の登録

 

 

次に、クレジットカードと住所の登録に進みます。

*注意
登録住所・電話番号と実際のクレジットカードの請求書先住所に相違があると
『不正利用』とみなされて購入アカウントが止まってしまう場合があります。
必ず、登録住所とクレジットカードの請求先住所にズレがないように確認しましょう。

ログインしたのちにトップページを見ると
以下の画像の枠内に『Hello 〇〇(名前)』と表示されていると思います。
そこをクリックしてください。

 

 

Amazon_com__Online_Shopping_for_Electronics__Apparel__Computers__Books__DVDs___more

 

 

アカウントの管理画面に移行します。
まずはクレジットカードを登録しましょう。

 

 

Your_Account

 

 

『Payment option』をクリックして、
その次の画面で『Add a card』をクリックします。
(表示されるデザインがコロコロ変わりますので
見た目が違うこともありますが、
項目は変わらないので、探せば見つかります)

 

 

Amazonクレジットカード

 

 

クレジットカードの登録画面になりますので
必要事項を記入の上、登録をしましょう。
これで、カードの登録は完了です。

 

 

 

住所の登録

次に住所の登録をします。

 

また先ほどのアカウント管理画面を表示させて、
今度は『Addresses』をクリックします。

その後、移行先のページで『Add address』をクリックしましょう。

 

 

Your_Account

 

 

以下の画面になりますので、必要事項を記入し登録します。

 

 

Your_Addresses

 

 

住所に関してですが、まずは日本の住所を登録しましょう。
それが終わりましたら転送会社の住所も登録してください。
MyUSの登録方法はこちらから

 

これは後ほど詳しく解説しますが、
商品によっては転送会社を経由せず、日本へ直送した方が
お得な場合もあります。

そのときに、両パターンの送料を見比べられるように
必ず日本と現地の住所を両方登録してください。

 

 

これでAmazon.comへの登録は一通り終わりです。
ebayなどに比べると簡単ですね。
すぐに仕入れを始めることができます。

 

 

 

ちなみに、この登録が終わった時点で、
ヨーロッパなどのAmazon

・amazon.fr
・amazon.uk
・amazon.it
・amazon.se
・amazon.de

などにも自動で会員登録がされています。

 

つまり、今回作ったアカウントで
どの国のAmazonにもログインができます。
(具体的にはアメリカ・イギリス・ドイツ・
フランス・カナダ・イタリア・スペインの
7カ国が共通でアカウントを紐付けしています)

 

そのため、他の国で仕入れをするときも、
追加での登録は必要ありません。

この辺りもグローバルな企業だということを
感じさせてくれますね^^

 

PayPal登録方法

 

PayPalへの登録

 

 

まずはPayPalの登録ページに進みましょう。

こちらをクリック(PayPalの登録ページ)

 

PayPal登録ページ

 

 

『ビジネスアカウント』と『パーソナルアカウント』を
選択できるようになっていますが、
仕入れをするだけでしたらパーソナルアカウントを
作っておけば問題ありません。
(輸出やその他で、受け取りも必要な場合はビジネスで作る必要があります)

パーソナルアカウントを選択して続行しましょう。

 

 

PayPal新規登録

 

 

上記画面に必要事項を打ち込み、先へ進みます。

 

 

PayPalお客様情報

 

 

次に個人情報を打ち込んでいきます。
日本語で入力できるので、簡単ですね。

 

 

PayPalクレジットカード情報

 

 

次にクレジットカード情報を入力します。
『カード確認コード』とはセキュリティーコードのことです。
請求先情報に間違いがないかもチェックしましょう。

 

これで登録は完了です。

 

 

 

ebayとPayPalの紐付けをする

 

 

ebayでの決済はそのほとんどをPayPalで行うことになります。
ですので、最初から基本の支払い方法として、
PayPalを登録しておくことをお勧めします。

それでは早速紐付けをしていきましょう。

 

まずはebayのMyeBayを開いてください。

 

 

Electronics__Cars__Fashion__Collectibles__Coupons_and_More___eBay

 

 

次に『Account』をクリックします。

 

 

ebayとPayPal

 

 

続いて『PayPal Account』をクリックしましょう。

 

 

PayPalリンク

 

 

さらに『Link My PayPal Account』をクリックします。

 

 

PayPal紐付け

 

 

上記画面になりますので、
ここでPayPalで設定したIDとパスワードを打ち込み
『Link Your Account』をクリックします。

 

これでebayとPayPalの紐付けが完了しました。

 

 

 

PayPalの利用限度額を解除しよう(最新版)

 

 

PayPalには初期設定として
『10万円以上の利用を制限する』
という設定がなされています。

仕入れを始めたら、10万円なんてすぐにいっぱいになってしまいます。
ある意味限度額10万円のクレジットカードで仕入れをするようなものです。

ですから、この限度額は早めに解除しておく必要があります。

 

と、今までであればその作業が必要だったのですが
少し前から限度額解除の手続きをしなくても
1回100万円までの取引であれば、
無条件に利用できるように規約が変更になりました。

ですので、限度額の解除作業(本人確認手続き)は
取り急ぎ行わなくて良い手続きになっております^^

 

 

 

コラム 輸入ビジネスを投資として捉えよう

 

 

輸入ビジネスだけではなく、物販であればすべてに言えることですが、
やっている事をある意味『投資』と捉えられる様になると、非常に目標が明確になります。

 

そこで『なぜ輸入ビジネスを投資と捉えると良いのか』について説明していきたいと思います。

 

まず、『投資として捉えるとはどういうことか』というところからです。
投資の結果を予測する為に大きな要素が2つあります。

 

それは、

『投資金額』

『利回り』

です。

 

この2つの要素が絡み合い、『利益』が生まれます。
計算式にすると以下の通りです。

 

投資資金×利回り(%)=利益

 

非常に分かりやすい式ですね。

 

 

ではこれを輸入ビジネスに当てはめてみましょう。

 

投資資金とは何のことでしょうか。もちろん『仕入額』のことです。

では『利回り』とは?これは『利益率』のことです。

 

詳しく言うと『投下資本利益率』です。
(投下資本利益率については大事なところなので次回以降、詳しく説明します)

 

つまり、

仕入額×利益率=利益

という計算式が成り立ちます。

 

物販になるとここに回転数やキャッシュフローなどを考慮する必要があるのですが
概ねこの計算式で予想の利益が算出できます。非常に分かりやすいですね。

 

 

この式を前提に輸入ビジネスを考えると色々なことが見えてきます。

 

まず、これから輸入を始めるにあたって、ご自分が置かれている状況を考えたときに

・資金はどの程度ある。
・目標の収入はどれぐらいか。

と言うようなはっきりとした数字があると思います。

 

例えば、資金が50万円あり、目標収入が月に20万円だった場合。

50×利益率=20

という式が作成できますよね。

 

この式を解くと、利益率は40%と言うことになります。

 

つまり、40%の利益率で商品を回転させていけば、目標を達成できるのです。

40%というとなかなかハードルの高い数字ですが、出来ないこともないレベルです。

 

あなたの目標はいかがでしょうか。

式に代入したときに、どの程度の利益率が求められますか?

 

 

そして、輸入ビジネスをある程度進めていくと、今度は
『自分が出せる利益率』
が明確になってきます。

実際に売れた商品を調査すれば、それはかなり詳細に分かるはずです。
今度はそれをもとに、予想の収入が算出できるようになります。

 

例えば利益率を平均で30%で仕入れが出来るとして、資金が100万あるとします。

100×30%=30

ですので、同じクオリティで仕入れを行えば30万の収入が期待できるのです。

 

この状態でどうしても60万の収入が欲しいのであれば、
どうにかして仕入額を200万にする必要がある事も明確に分かりますよね。

ともすれば、難しく考えがちな輸入ビジネスも、
このように単純化してしまえば、とても分かりやすくなります。

 

あとは、理想の数字が実現できるよう邁進していくだけです。

 

 

投資として捉えてほしいもう一つの理由に『長期予測』があります。

 

ビジネスを行う以上、未来を見据えて行動していかなければいけませんから、
長期予測はとても重要なファクターになります。

先ほどの式を使えば概算の成長計画が立てられるはずです。

 

例えば元金50万円、利益率30%で1ヶ月に1回転。

 

これを6ヶ月回転させるとどうなるか。

1ヶ月目 50×30%=15
2ヶ月目 65×30%=19.5(約20)
3ヶ月目 85×30%=25.5(約25)
4ヶ月目 110×30%=33
5ヶ月目 143×30%=42.9(約43)
6ヶ月目 186×30%=55.8(約60)

このように数字通りに事が進めば、半年後には収入が50万円を超えます。
もちろん、こんなにスムーズにはいかないですが、計画的には問題がない計画です。

 

輸入ビジネスを投資として捉えるマインドを持って、
節目節目で目標設定や自分の数字の見直しに活かしていただきたいと強く思います^^

 

 

 

2021/07/03