欧米転売スタートアップコンサルvol4

 

 

前回のリサーチはいかがでしたでしょうか。

 

結構苦戦したと思うのですが、
今回の方がもう少し難しくなります。
(カリキュラム最難関です)

 

ここをクリアすればグッと楽になりますので、
引き続き頑張ってください!

 

 

 

課題

 

 

1、講義動画、本ページを読み込んでください

2、見つけたID(とその商品)を2名分、チャットにてご報告ください

 

 

条件

 

利益率(ROI)20%以上の商品を2つ以上扱っているID

 

 

計算に使用するもの

 

(前回と同じです)
ヤフオク手数料5% 転送料(商品のグラム数×1)
*現在の手数料は8.8%~になっていますが、ここでは5%で計算してください。

為替
現在のレート

 

 

計算例

 

ヤフオク落札価格 3000円
海外購入価格 $16
商品重量 200g
為替レート 110円

の場合

入金額
3000-(3000×0.05)=2850(円)

仕入れ値
18×110+200(重量)=2180(円)

利益
2850-2180=670(円)

利益率
670÷2180×100=30.7(%)

 

 

課題提出方法

 

見つけたIDとそのセラーが扱っている2つ以上の商品情報を
計算式とともにチャットにご報告ください。

 

講義動画

 

IDリサーチ解説動画
*オークファンの仕様が若干違いますが、やっていることは同じです。

IDリサーチマインド音声

 

 

IDリサーチについて

 

 

オークファンのリサーチには慣れてきましたか?

ある程度慣れてきたら、次のステップに進みましょう。
それは『IDリサーチ』です。

 

簡単に説明すると、オークファンで見つけた商品を『出品している出品者』
をリサーチするという方法です。

 

これによって、オークファンでは探すことの出来ない商品を見つけ出せます。

 

オークファンで探すことの出来ない商品とは、
タイトルに輸入品を匂わせるキーワードが入っていない商品です。

そういった商品は、オークファンでキーワード検索出来ません。

 

よって、通常よりも見つけるのが困難なため、利益率が高い商品が多いのです。

 

このリサーチは利益率の向上だけでなく、労力の削減にも繋がるリサーチです。

 

見つけた出品者IDを管理することによって、
最終的には管理しているIDを巡回するだけでリサーチが完了してしまう。
という状況にも持ち込めます。

*もちろん、Amazonでリサーチする際にも非常に重要な考え方です。
ここでIDリサーチの基礎を身につけておくと後々必ず役に立ちます。

 

 

IDリサーチの方法

 

では実際にリサーチしてみましょう。

今回はオークファンの基本リサーチで見つけた
以下の商品を起点に解説します。

 

 

 

 

薄利ではありますが、利益は出そうです。

 

 

 

 

この商品からセラーIDをリサーチしていきます。
先ほどの商品ページに出品者IDが記載されています。

 

 

こちらをコピーしてオークファンでID検索をします。

 

 

初期状態のままですと、ID検索の欄が使用できない状態になっているはずです。
検索窓の『すべてのサイト』をクリックして『ヤフオク!』を選択してください。

すると・・・

 

 

検索ができるようになります。
ここに出品者IDを打ち込んで検索をすると・・・

 

 

こんな感じで、そのセラーが過去に出品していた商品を一覧で
見ることができます。

 

よく見てみると『輸入』と記載がないにも関わらず、
輸入品っぽい商品もヒットしていますね。
今回はこの商品では利益が出せない状況でしたが、
もう一つの商品は

 

 

 

 

 

利益が出る結果になりました。

 

 

このように、IDをたどってリサーチをすることで
芋づる式に商品が見つかることもありますし、
そういったIDを管理しておいて、
定期的にリサーチすることでセラーが新しい販売をするたびに
仕入れのリストが擬似的に増えることになるわけです。

 

今後も、IDリサーチ(セラーリサーチ)の概念はたくさん出てきますので、
この機会にしっかりとマスターしてください!!

 

 

 

IDリサーチの考え方

 

 

物事には必ず理由があります。
ビジネスでももちろん同じです。

 

IDリサーチに関しても、ただ効率が良いからやる。
ではなくて、なぜ効率が良いのかを理解して取り組む必要があります。

 

筋トレと同じように 『意識する』のと 『意識しない』のでは大きな差が現れるのです。

 

IDリサーチの一番の肝は

『新規商品のリサーチを外注できる』

ということです。

 

つまり、商品をリストアップしてもらう人を
見つけるのがIDリサーチになるわけです。
しかも、その人に報酬を払う必要はありません。

 

一度見つけてしまえば、その人がヤフオクで販売を続ける限り
延々と商品がリストアップされ続けていくのです。
こう考えると、ものすごいことじゃないですか?

 

そうして、IDを見つけ出していき、そのIDをグループ分けしていきます。

 

例えば

・毎日見た方が良いID
・1週間に一度見るべきID
・1ヶ月に一度見れば良いID

というようにですね。

 

こうして管理ができれば、一から商品を探すことをしなくても、
IDを定期的に巡回するだけである程度の仕入れができるようになります。

 

もちろん、人真似だけで達成できる収入はたかが知れています。
どんなに頑張っても利益で50万が関の山でしょう。 (それでもすごい金額ですが)

 

もっと稼ぎたい人は、最終的に独自の販売戦略が必要となります。
ですが、そのためには一定以上の経験と、独自の仕入れルートが必要です。

 

初心者の頃には到底そんなことはできないわけですから、
まずは経験を積むことが何よりも大事なのです。

 

そして、その第一歩がIDリサーチだということです。
IDリサーチをすることにより、商品が見つかりやすくなるだけでなく、
他のセラーがどうやって動いているのかを、近くで見ることにもなります。

 

これが何よりの経験になりますので、 ぜひIDリサーチは積極的に行うようにしてみてください^^

 

 

 

GIXEN

 

 

eBayで商品を購入する際には2つの方法があります。

オークション形式即決形式です。

 

即決はわかりやすいですね。
提示されている金額で購入するだけですので特に難しさはありません。
しかし、オークション形式に関してはおおいにテクニックが必要な購入方法です。

 

色々ある中でも重要なのが『どのタイミングで入札するか』ですが、
これを最適な方法で行ってくれるのが『GIXEN』というツールです。

 

結論から言うと、オークション終了間際に入札をするのが正解なのですが、
他の人も同じことを考えているため手動で行うと相当シビアな戦いになります。
(アメリカとタイムゾーンが違うので日本人は不利でもあります)

ですから、入札はオークション終了間際に自動でやってもらうのがベター。
それを実現してくれるのが『GIXEN』です。

 

 

使用方法は簡単です。

 

まずはGIXENを開きます。

 

『signup』より新規アカウントを作成し、
その後gixen内でebayにログインすることですぐに利用できます。

 

ログインしましたら以下のような画面が表示されると思います。

 

 

簡単に言えば、左側の欄に該当商品のアイテムナンバーを入力し、
右側の欄に入札したい価格を入力する。それだけです。

 

アイテムナンバーは商品ページを少しスクロールしたところにある

 

 

ここに記載されています。

 

とりあえず、入札したい商品が見つかったらすぐに入札はせず
(入札するとすぐに価格が釣り上がるので、ギリギリまで
入札しないほうが安く買える可能性が高まります)
GIXENにどんどん登録をしていくのが良いですね。

 

購入が成功したらメールも届きますし、
購入履歴にも上がります。
競合がいるわけですから全ての商品を希望通りに落札できるわけではありません。
ですからダメ元でGIXEN入札しておき、落札できたらラッキーぐらいの
感覚で取り組むと良いでしょう。

 

*有料版もあります。二つのサーバーから入札してくれたり
終了何秒前に入札するなどのカスタマイズが出来たりしますが、
無料版で十分だと思います。

 

 

 

2021/07/05