Amazon攻略

進化を続けるAmazon 中古品の買取り??

2016/08/25


噂にはなっているようですが、
Amazonが中古品の買取りを始めました。

常にいろんな仕掛けをしてくるAmazonですが
今回は少し大きな仕掛けだと思います。

表面的にとれば、

Amazonが中古品買取を始める

便利であればお客さんが利用する

ブックオフなどの中古本取扱店に大ダメージ

せどりなどが成立しなくなる

と見ることもできそうです。

(まぁ、そこまではいかないと思いますけどね)

しかし、これはAmazonからすれば
当然の選択だと思いますし、
今までのAmazonの動きを見れば
容易に予想ができることです。

一言で言うとAmazonは

『全部やりたい』

んですよ。

例えばアマゾンレンディング。
(これはうまくいっていないような気がしますが)

物販をやっている人にとって
借り入れは一つの大きな選択肢です。

Amazonもそれを知っています。

で、金融業というのはとても儲かるわけで
自分のところで抱えているセラーが
他の企業に借り入れをしたりするのが
もったいなくてしょうがないのです。

であれば自分のところでやってしまおう!と
そういうわけですね。

本当は配送業もやりたいんだろうし、
決済業もやりたいのでしょう。

Amazon周りの、いや、最終的には
世の中の全てを自社のサービスで
賄えるようにしようと思っているわけです。

これは他の超大企業にも言えることですが
どの分野で利益を取る。
という観点ではなく、単純な『覇権争い』『陣地とり』
の色の方が強いように僕には見えます。

そして、この覇権争いを、陣地とりを進めれば進めるほど
さらに有利に陣地の強奪ができるようになります。

話を戻しますが、
Amazonが中古品買取りを初めて、
何が脅威かと言いますと、
膨大な顧客情報を持っていることです。

試しに買取サービスのページを見てみてください。

→ こちらから

下の方に『あなたの買取サービス対象商品』という項目が
普段Amazonを使っている人なら出るはずです。

要は、何を売ったらいくらになるか、
すでに教えてくれているんですよ。

いままで、Amazonが膨大に蓄積してきた
顧客データは、このように新しいサービスでも
最大限に活かされます。

なので、新しい分野でも、
とてつもないスタートアップが切れるのです。

これがはまれば、みんなAmazonに中古品を売るようになりますよ。

もちろん、ブックオフなども黙っていないと思いますが
せどりにしろ、家電せどりにしろ、
なくならないとは思いますが、
その形は大きく変わって行く可能性はありますよね。

今までは、

中古品売る人

ブックオフなどのお店

せどらー

購入者

という構図だったのが

中古品売る人

Amazon

購入者

となるわけですからね^^

購入者にとってみれば中間マージンがなくなるので
ありがたい話ですし、
もしかしたら中古品を売る人にとっても
マージンがなくなることによって
買取価格がアップするかもしれないわけで
世の中の流れ的には正しい形ですよね。

そして、これらがネットで完結することによって

せどりの優位性である

『現地でしか手に入らないから』

が薄れてしまいます。

それにより、せどり自体の形が
大きく変わることも十分考えられますね。

これからも、Amazonは様々な
大きな変革を企ててくると思います。

それらを表層的ではなく、
Amazonの思惑や、世の中の流れ
などの観点から考えられると、
また対策も変わってくると思います。

じゃあ、輸入はどうなるのか。

そのあたりについても
明日解説してみようと思います^^

 




登録


ps、LINE@はじめました^^ メルマガやブログに載せない内容も いろいろ企画していく予定です。 よろしければご登録お願いします!!

登録


-Amazon攻略