欧米交渉コンサル紹介ページ

解説動画はこちら

エントリーはこちらから

 

 

このページでは欧米交渉に特化したコンサルティングの
中身についての解説をさせていただきます。

 

過去(4年前)には交渉のコンサルティングを行っていたのですが
その後コミュニティ運営に力を入れていたのもあり、
このようにパッケージ化して交渉のコンサルティングを
することはありませんでした。

 

しかし、割と頻繁に「交渉のコンサルはやっていないんですか?」
ご質問いただくことも多々ありました。

一応単発コンサルとかもやっていたのでそれを継続すれば
交渉のコンサルになるんだけどなぁなどと思っていたのですが
確かにそれではわかりづらいなとも思い、
改めて『欧米輸入交渉コンサル』としてパッケージ化するに至りました。

 

パッケージ内容をなるべくわかりやすく解説しますので
ぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

コンサルティングの期間、料金

 

 

最後まで料金などを引っ張っていてもしょうがないし、
性に合わないので、先に発表します。

 

コンサルティングの期間は6ヶ月
料金は総額で24万円(税別)です。

 

お支払い方法は一括の場合振り込みかクレジット決済。
分割の場合はクレジット決済のみです。
分割は6回払いのみで、手数料なしなので月々4万(税別)です。

 

 

 

コンサルティングの目的

 

 

次にコンサルティングで何をするかですが、
目的は明確です。

『交渉において必要な要素の基本を全てマスターする』

ことです。

 

半年という期間で行っていくわけですが、
この半年という期間で明確な数値目標を決めるのは
結構難しいことです。

 

進み具合に個人差もありますし、
交渉である以上相手がいるものですから、運の要素もあり、
一概に半年でこの程度いくと計算できないからです。

 

そのため、例えば半年後に50万!とかの目標を立てると
むしろそれが重荷になってしまい、マイナスの効果につながります。

 

ですからあくまでも半年間でやることは、
その後長く交渉を続けていく上で必要なことを習得する。に限定します。
逆に言えば、それさえ習得すれば半年経った後は自走ができるということです。

 

半年間で、その後何をやるのか、どうやれば良いのかを全て習得してもらい
それをその後も継続することでどんどん規模を拡大していただくイメージです。

 

もちろん、コンサル期間中に50万、100万と結果が出ることもなくはないです。
実際に過去の例ではそのようなケースも普通にありました。
しかしあくまでも目的は長期的な結果ですから、
仮にコンサル期間中に大きな成果が現れなくても、
その後継続することで確実に結果が出る『型』を身につけていただきます。

 

 

 

今までの実績

 

 

念のためにさらっとこれまでの指導実績を紹介します。

 

これまでに『粗利10万円目標の転売コンサル』『50万程度目標の上級コンサル』
『100万を目指す会員制コミュニティ』などを主催してきました。

それぞれを分けてカウントはしていないのですが、
全体の実績ではこのような結果が出ています。

 

 

特に、2019年末まで行っていた会員制コミュニティにおいては、
参加者のべ38名のうち、22名が100万円を達成しました。
これはすごい確率だと自分で思います。

 

そのコミュニティにおいてはビジネスだったらなんでもござれで
あらゆることを指導していたのですが、
もちろん欧米輸入交渉の指導も行っていました。
つまり、この方法で100万円以上の成果が出ることは実証済みです。

 

ですから、欧米交渉において利益で100万円を狙っている方は
受ける意義がある内容だと思っています。

 

 

 

カリキュラム

 

 

では次に、具体的にどんなことをこなしていくのか。
について解説します。

 

欧米の交渉には大きく分けて2つのルートがあります。
『メーカー直取』『問屋仕入れ』です。

 

詳しくは過去に動画をアップしていますので、
そちらをご覧ください。

 

結論から言うと、この2つのルートを両方やります。
半年の間にどちらも習得し、
その後、ご自身にあった方に集中して取り組んでいただく流れです。

 

具体的に順序立てて羅列すると

 

・交渉の基本

商品選定
交渉特有のリサーチ方法・マインド
メーカー探し
交渉メール
交渉の習慣化
レアケース対応

・外注化(営業代行)

外注サイトの使い方
募集文の作り方
外注の際の報酬、仕事内容について
良い人材の見つけ方
直契約への移行方法
長く外注さんと付き合う方法
専門家を一本釣りする方法

・問屋仕入れ

良い問屋の探し方
効率の良いリサーチ方法
ツールの導入の仕方
リサーチ外注について

 

ざっくりにはなりますが、
このような形で半年間をこなします。

 

もう少し簡素化すると

 

まずは自分でメーカー交渉

営業を外注化し、電話もする

外注の仕組みを構築する

問屋への外注の仕組みも構築する

問屋でのリサーチの仕組みを構築する

その上で何に特化するか決める

決めたら後はそれを愚直に回すだけ

 

こんな感じですね。

 

ここまでしっかりと習得できれば、
後は一人でも継続することができます。

 

タスクはそれなりに多いですから、
結構忙しくなるのは覚悟しておいてください。

 

 

 

コンサルティングの進め方

 

 

コンサルティングは月一回のzoomミーティングと、
毎日のチャットワークでのチャットにて構成されます。
つまり、完全オンラインです。

 

先ほど説明した流れをもとに
どんどんとタスクを設定していきますので
基本的には目の前にあるタスクに集中していただきます。

そのタスクが完了したら次、その次、と、どんどん進みます。

 

たまった質問や、こちらから伝えたいテクニカルなことに関しては
月一のzoomミーティングで処理し、
日々の細かい質問などはチャットにて無制限でお答えします。

 

特に交渉に関しては取引に際して色々なレアケースが発生しますから
それらはその都度ご質問ください。

 

半年でカリキュラムを修了していただかないと
こちらも困ってしまいますから、
結構厳しめの指導となりますので、予めご了承ください。

 

 

 

申し込み方法

 

 

お申し込みは以下のフォームよりお願いいたします。

エントリーはこちらから

前もっていくつか情報をお書きいただく項目がありますので
お手数ですがなるべく沢山情報を記入いただき、お申し込みください。

 

また、このコンサルは随時募集の形をとっていますので、
いつからスタートなどの決まりはありません。
申し込み後、契約が終了したら即スタートです。

 

毎月の受付数ですが、最大で2名までと決めております。
超過した場合はお断りする、または待っていただくことがありますので
あらかじめご了承ください。

 

以上です。

 

その他、ご質問などはお気軽にお申し付けください。
概要欄に質問用リンクを用意しておきます。

最後までご視聴いただき、ありがとうございます。
それではご縁があればまたお会いしましょう。

エントリーはこちらから

 

解説動画はこちら

2020/08/02