Amazon攻略

モノレートにプラグイン(monozon)を入れて売れ行きを数値化しよう

2017/01/18


 

今回の記事ではモノレート(前amashow)を
3倍便利に使うプラグインのご紹介をします。

情報提供者のYさん、ありがとうございます!
そのシェア精神素晴らしいです!

では、いきましょう。

※現在Chromeのプラグイン一覧からモノゾンが消えているとご報告があります。

原因は不明ですが、使えないケースもありますので、ご注意を。

 

 

モノレートの弱点

 

非常に動作が軽くて、
しかも主要指標を簡単に確認できるモノレート。

プライスチェックと並んで
Amazon販売の必須ツールと言えるでしょう。

 

僕はプライスチェックよりも好きです。
(プライスチェックはたまに重いんですよね・・・)

 

しかし、そんなモノレートの一番の弱点といえば

『売れ行きの把握がはっきりできない』

ということです。

monore

これはプライスチェックも同様なのですが
ランキング変動グラフを『目視』して
売れ行き数を把握しなくてはいけませんので
はっきりとこれ何個売れている。
と確信を持つことができないんですよね。

特に初心者のときはそれでかなり迷う方が多いです。

 

この売れ行きが数値化されたら良いなぁ。
と思ったことが誰にでも一度は
あるのではないでしょうか?

 

有料ツールはある

 

売れ行きの正確なチェックは
今までも有料ツールにて行うことができました。

 

僕も紹介したことがある
『在庫チェッカー』などに関しては
それができる優良ツールですね。
(今は販売停止しているはずです)

しかし、お安いものではありませんので
特に初心者の頃は手が出づらいと思います。

 

かといって、無料でそのようなツールを
公開するお人好しもなかなかいないわけで

 

お金を出して詳細な売れ行きを数値化するか
お金を出さないでモノレートで地道に
チェックをするか。

そうしてもこの2択になってしまうわけです。

 

しかし、ちょうどその中間の、
プラグインを公開されている方がいました。

 

無料でもあった!

 

無料レポートスタンドの『フエール』にて
登録されている無料レポートにそのプラグインの
情報が公開されています。

こちらです。

 

『モノレートの真実』

というレポートになりますが、
そのレポートの製作者さんが
モノレート内で売れ行きの数値化を可能にする
プラグインを提供されています。

このプラグインを入れると、
こんな感じで売れ行きが表示されます。↓

915_20160921141451_pdf

 

すごく見やすいですよね。

 

しかも、分かる人にはわかると思うのですが
このプラグインのすごいところは、
『中古の売れ行きも表示される』
ということなんですよ。

 

本来、ランキング変動グラフだけでは
新品と中古がどの割合で売れているかを
判断することは非常に難しいのですが
このプラグインがあるとその判断ができるわけです。

なんども言いますが、これが無料です。

 

使わない手はないと思いますが、どうでしょうか?

プラグインのインストールはこちらから。

 

一応検証中

 

レポート内にも書かれているのですが、
実はこのプラグインは

『確実な売れ行き』

を拾っているわけではありません。

 

あくまでもランキング変動グラフの動きを
数値化しているだけです。

ランキングの上がり方や動きにルールを設定して
近似値であろう数字を導き出している。
という感じですね。

 

ですから、多少の誤差はあると思います。
この辺りはただいま検証をしています。
(在庫チェッカーなどとの相違をチェック中です)

 

ただし、少なからず目視よりは精度が高いわけですから
使わない手はどちらにせよないかと思います。

 

本来は、インストール方法をブログでも紹介して
すぐにインストールしてもらいたいぐらいなのですが、
勝手にインストールリンクを公開するのは、
無料レポートとして公開している製作者さんに
多大な迷惑がかかりますので、
必ず無料レポートをダウンロードして確認されてください。

 

僕もすでに実装して使っていますが、
非常に見やすく、特に重くなることもなく、便利です。

ぜひ皆さんも試してみてくださいね( '-' )/




登録


ps、LINE@はじめました^^ メルマガやブログに載せない内容も いろいろ企画していく予定です。 よろしければご登録お願いします!!

登録


-Amazon攻略