ビジネスマインド

賢いビジネス、経営の仕方

2016/08/30


ビジネスにはいくつか鉄則がありますが
その中の一つとして

『売上を先にたてる』

というものがあります。

当然っちゃあ当然ですが、
本当にこれを徹底できている人は少ないです。

例えば、最近はクーポンサイトなどで
前もって商品を大量受注しておいて、
そこから商品を製作して発送する。

という手法が流行っているみたいですが、
これもその手法に乗っ取っているわけです。

『売上』が確定している状態で『仕入れ』をするわけで
キャッシュフローが良くなるのが分かりますよね。

潤沢なキャッシュを持っていれば、
そこまで試行錯誤する必要は無いのですが、
そんな状態の人はそうそういないわけで。
(ある程度の規模の企業でも、
売上入金が2ヵ月止まると潰れると言われてますからね)

先ほどのクーポンサイトの例をもう少し発展させると
こんな方法も考えることができます。

■『クラウドファンディング』を使用した商品販売。

これもクーポンサイトと似ていますが、
クラウドファンディングというのは、
あるコンセプトを提示して、それに共感してくれる人から
出資金を募る。というものです。

出資者にはお金を返すのではなく、
そのお金で作った商品をプレゼントしたりすることで
返済をするわけです。

これも充分ビジネスとして成立しますよね。

しかも先に売上(売上と言っていいのか分かりませんが)が
入金されるわけで、超低リスクです。

もちろん、それ相応のアイディアとプレゼンが必要ですが
ここは今後もチャンス有りだと思います。

話は変わりますが、
ぼくが輸入の教材を作ったときもその考えを
多少反映させました。

教材のコンセプトが出来上がっていて、
まだ教材制作に着手していない段階で
ぼくは先行販売をすることにしました。

教材の定価の1/3ぐらいの金額で募集したところ
50名程度の方にご希望をいただけました。

金額にすると50万円ぐらいの売上が
その段階でたっていることになります。

その上で、予算を決めて制作に取り組んだわけです。

こうすれば、損をする可能性が一気に減りますし、
予算が組めることから、良質なサービスを
提供しやすくなるわけです。

ここには当然時間的な問題もあり、
すでに購入希望者が50名いるという
市場の調査も完了しているわけですから
そこに自分の時間をつぎ込むことに
整合性がでますよね。

時間も、支払いと同じように
消費するものですので、
なるべく無駄な消費は避けたいので
今回の記事のような考え方が必要なわけです。

賢い経営は、堅実な経営です。

シンプルな鉄則にどれだけ傾注できるかが重要なのですが
それが意外と難しいんですよね。

ですので、一つずつ意識をして、
ビジネスを揺るぎないものにできるように
日々の努力が必要だと思います^^

 




登録


ps、LINE@はじめました^^ メルマガやブログに載せない内容も いろいろ企画していく予定です。 よろしければご登録お願いします!!

登録


-ビジネスマインド