ビジネスマインド

Amazonでいつまで稼げるか不安です。

2016/08/30


読者さんからのご質問に対する、
Q&Aシリーズ第3弾です。

今日のご質問は、、、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Amazonでいつまで稼げるのか、不安です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おそらく、競合のことや、
市場が縮小してしまうのでは。
ということを心配しても質問かと思います。

上記2点について解説してみます。

まず、競合について。

これは何度も書いていますが、
競合って増えれば増えるほど、
市場が広がります。

競合が活動するということは
顧客の開拓をしているということですので、
自然と市場が活性化するんです。

もちろん、これが竿竹屋だったら話は違います。
竿竹屋のトラックが渋滞するほど道を走っていたら
そりゃ稼げないですよね。

そういう市場もあります。

が、Amazonでの話であれば、
全く問題ありません。

だってAmazonですよ??

まだまだ発展途上のプラットフォームですので、
心配する必要なんてありません。

競合にどんどん増えていただいて、
どんどん市場を活性化させてもらいたいぐらいです。

次に、Amazonの市場が縮小してしまう場合。

上に書いたとおり、暫くはそんなことないと思うのですが
もしの話をします。

仮にAmazonに変わる素晴らしいプラットフォームの
出現で、Amazonが負けてしまった場合。

これはその新しいプラットフォームで
販売すれば良いだけの話です。

物販の根本的なやり方は一緒ですので
Amazonでできていれば、
他のところでも同じようにできます。

次に、単純にAmazonが弱った場合。

これはほとんど考えられません。

ECサイトというものは、
ECサイトがあるからみんな利用するのではなくて
今や、ないとダメなものになっています。

ネットで買い物をする。
ネットで販売をする。

この需要がなくならない限り、
ネット上からネット販売のプラットフォームが
消えることはありません。

じゃあ、その需要ってなくなりますかって話で、
それは考え辛いですよね。

なので、Amazonが消えるときは
どこかでそれ以上の存在が出現したときぐらいです。

それが出現したときは
それに乗っちゃえば良いだけの話なんで、
結論を言うと、

『物販のノウハウを掴んじゃえば、もう大丈夫』

ってことになります。

冷静に考えると、そうですよね^^

ですので、そこに悩むよりも、
物販のスキルを身につけることが
大大大優先です。

そう理解すると、悩むこともなくなると思いますよ。

 

 




登録


ps、LINE@はじめました^^ メルマガやブログに載せない内容も いろいろ企画していく予定です。 よろしければご登録お願いします!!

登録


-ビジネスマインド