輸入ビジネス小ネタ

商品単価は高い方が良いのか@輸入ビジネス

2016/08/29


商品単価についてのご質問をいただくのが多いのですが
果たして効率のいい商品単価。というものは存在するのでしょうか。

単純に考えてみると

商品単価が安い

・同じ仕入れ値でも商品数が増える→作業量アップ
・商品の値段が安いのでリスクの分散になる。
・ラインナップを揃えやすいので、ショップとしての規模がつくりやすい
・リサーチが大変

商品単価が高い

・同じ仕入れ値でも商品数が少ないので効率アップ
・商品の値段が高いのでリスクが大きい。
・商品出品数を増やすことが困難
・リサーチが楽

のような違いがあると思います。

リスクに関してですが、
上記のように考えると単価が安い方が
リスクが少ないように感じますが、
結局は確率の問題なので
ある程度の規模になると、別にかわりはありません。

と考えると、単価が高い方は
リスクも変わらず効率がいいので
そっちのほうが得なような気がします。

ただ、ここも微妙なところで、
得ということはやりやすいということな訳で
やりやすいということはやりたい人が多いということです。

つまり競合が増えやすいと。

以上のことを総合して考えると結論は

『どっちでも変わらない』

です。

リサーチをしているうちに
仕入れやすい単価が分かってくると思いますので
自分がやりやすいところでやるのが
一番良いのではないでしょうか。

その時に単価について悩む必要は
ないかと思います^^

 




登録


ps、LINE@はじめました^^ メルマガやブログに載せない内容も いろいろ企画していく予定です。 よろしければご登録お願いします!!

登録


-輸入ビジネス小ネタ