物販ビジネスマインド

数字の良し悪しがプラスマイナスではない

2016/08/25


利益率が高い。低い。

回転が良い。悪い。

回収が早い。遅い。

物販を図る上で、
様々な指標があり、
指標ごとに『いい数字』『悪い数字』
があります。

数字だけを見て、
判断することも可能ですが、
実は数字が良い悪いだけで
ビジネスの良し悪しを判断するのは
危険だったりします。

例えば、僕自身は利益率が良いですが
回転回収ともにかなり悪い数字です。

数字だけを見たら、
大丈夫これ?みたいな数字なわけです。

ですが、大局で見ると、
利益は出続けていますし、
困っていることはなんらありません。

これは、自分の引いた戦略通りに
数字が出ているからであり、
回転回収がいい数字でないのは、
『織り込み済み』だからです。

つまり、数字自体の良し悪しが
ビジネスの良し悪しなのではなく、
それを理解して戦略を作れているかが
重要になってくるということです。

逆に、一番よろしくないという状況は、
自分が引いた戦略と、
数字に乖離がある。

という状態です。

利益率は30%で
2ヶ月で回転するイメージで仕入れをしよう。
と戦略を立てて、
2ヶ月で回転してるけど
利益率が15%ぐらいしかない。

というのはやはり良くない状態です。

最初から
利益率は15%で、
2ヶ月で回転する戦略であれば
上記数字でもなんら問題がないということですね^^

なので、数字の良し悪しよりも、
理想の状態とのギャップ。
を見たほうがいい。

ということですね^^

その前提として、
必ず仕入れの前に目標を設定しておきましょう。

なんとなく仕入れていると、
理想もなにもないわけですから、
状況がどうなのかを把握することができません。

必ず

『こうなるように仕入れよう』

と目標設定をして、
売れた時に答え合わせをする癖を
つけるようにしましょう。

その答えをある程度コントロールできるようになれば
いくらでも稼げるようになりますよ^^

 




登録


ps、LINE@はじめました^^ メルマガやブログに載せない内容も いろいろ企画していく予定です。 よろしければご登録お願いします!!

登録


-物販ビジネスマインド