Amazon攻略

Amazonポイントの有効な使い方、使う意味

2016/08/18


しばらくAmazonポイントについて
書いてきませんでしたが、
最近少しAmazonポイントに対する印象が
変わってきましたので記事にします。

少し前までは

・ポイント付与によってカートの獲得率は
多少上がる

・なので、値下げよりは競合に気付かれにくいので
数%ポイントをつけるのはアリかと思う

・でも、まぁやってもやらなくても。
ぐらいの認識でいいと思う

というような感じで捉えていたのですが、
最近はかなりガンガンAmazonポイントを使っています。

というのも、ある一点において
Amazonポイントが異常な強さを発揮するからです。

それが

『売れ残り商品』

です。

条件としては

・価格が同じFBAの競合が複数人いる

・売れ行きをチェックすると普通に売れている

・なのにしばらく全く売れない

このような商品に非常に有効です。

今までであれば、こういった商品を販売するためには
大きく値下げをしてカートを独占するのが一番でした。

しかし、大きく値を下げても、
価格についてこられてしまったら元も子もなく、
単純に低い価格でまた売れない。
を繰り返すだけでした。

Amazonのカート獲得アナグラムには
未だに不明な点がいくつかあります。

通常は『価格』『FBAかどうか』『顧客満足度数』
『在庫』などが反映されるのですが、

そのほかにも

『そのジャンルの販売実績』

『出品しているほかの商品のカートの取れぐあい』

なども影響していると感じる場面が結構あるのです。

そんなこんなでいろんな要素が絡まり、
カート獲得の最善位置にいるのにもかかわらず
カートが取れずに商品が売れないケースが
確実に存在します。

かといって値下げしても価格競争を巻き起こすだけだし。

そんなときにポイント戦略が有効だったのです。

注意して欲しいのが、2%とかのポイントをつけても
あんまり意味がありません。

今は目視でポイント設定をしている方が多いので
できれば一瞬のうちにがっつりカートを取って
商品を販売してしまいたいわけです。

そう考えると、10%以上のポイントをつけるのが
最善策かと思います。

これだけポイントによって購入価格に差がつけば、
カートを独占することができます。

もともと売れている商品なのであれば、
その間に売りさばけるはずです。

少ないポイントだと、カートの獲得率が
少し上がる程度にとどまってしまい、
そうこうしているうちに、ポイントを合わせられてしまいます。

そんなことをしながらポイントを上げていくと、
気づけば15%になってた。
なんてことにもなりかねません。

最初から えいっ! っと、
ポイントをつける方が総合的に得なんですよね。

これ、結構効果がある方法ですので、
ぜひ試してみてください^^

 




登録


ps、LINE@はじめました^^ メルマガやブログに載せない内容も いろいろ企画していく予定です。 よろしければご登録お願いします!!

登録


-Amazon攻略