Amazon攻略

Amazonでチャージバック詐欺が流行っているようです。

2016/08/13


最近、なんと5件以上もAmazon内で
チャージバック詐欺にあったというお問い合わせを
いただいています。

今までもたまに話を聞くことはあったけれども
最近流行っているのでしょうか?

 

詐欺の手口を書いておきますので
該当する場合は気をつけるようにしてください!

 

まず、単価の高い商品が狙われます。
特に家電やパソコン関係。高く売れる商品を
狙って詐欺師が近づいていきます。
(いただいているケースを総合して考えると
5万円以上の商品に多い)

まずは自分が出品している高額商品が売れます。
この詐欺に関しては狙われるのはほとんど自己発送の
商品になりますので、
商品が売れたのちに、発送をする必要があります。

 

注文時の配送先住所は、日本のものなのですが
ここで相手からメールがきます。
メールの要件は

『海外に送ってくれないか?』

この時点でおかしな話なのですが、
間違って言う通りに海外に発送してしまうと
かなり厄介なことになります。

 

数日後、相手方からチャージバックの申請が来ます。
Amazonでは顧客保護のために、
セラーとのトラブルがあった際に、強制的に
決済を無効化する対策をしてくれます。
(だから自己発送セラー狙いなのです)

 

で、ただこちらもちゃんと商品を送っているわけですから
Amazonに問い合わせをするのですが、
違う住所に送ってしまったことが仇になり、
Amazonは対応をしてくれません。

 

というのも、Amazonの規約で、
注文時の住所と違う住所に商品を送ってはいけない。
というものがあるらしく、
問い合わせのケースは規約違反なので
一切Amazon側では責任を取りません。

ということになってしまうようです。

 

商品代金は相手方に全額返金となり、
当然商品も戻ってきません。

相手はその商品を転売して
利益を得ているのでしょう。
なんとえぐい商売でしょう・・・

 

高単価品を扱っている。
自己発送で販売をしている。

 

このような方は是非気をつけて下さい。
Amazonに対応してもらえれば
補填も効くのですが、
このケースですとAmazonは動いてくれませんので
まるまる損をすることになります。

 

昔からたまに

『この商品をジャマイカに送ってくれないか?』

的なメールが来たりしていましたが、
最近も流行っているんですね。

 

偽造クレカで決済されたり。
というケースもあるみたいなので
十分気をつけた方が良さそうですね!




登録


ps、LINE@はじめました^^ メルマガやブログに載せない内容も いろいろ企画していく予定です。 よろしければご登録お願いします!!

登録


-Amazon攻略