経理・税金

なんで利益が出てるのにお金が増えないのか

2016/09/06


※長文です。お気を付けください。

 

個人レベルで物販をやっていると
成長しているときに利益がでないことがあります。

そこで諦めてしまうのは非常に勿体ないのですが
では、なぜそんな現象が起きるのでしょうか。

例えば、輸入ビジネスをはじめた月に10万円の仕入れをしたとします。

翌月には20万の仕入れ。

翌々月には30万の仕入れ。

3ヵ月後には50万の仕入れ。

目標となる売り上げ、利益に達するまで
仕入れ値をあげていきますよね。

当然の流れです。

輸入なので、国内の物販よりは

 『回転が遅い』

という部分がミソです。

ですから、初月に10万仕入れて、
その月に仕入れたものが売り切れることは
物理的に不可能なのです。

すると、

 『仕入れた時期』

 『売り上げがたつ時期』

タイムラグが発生しますので、

今月の名目上の利益は10万出ているけど、
入ってきたお金は30万で出ていったお金も30万だ。

のような謎の現象が発生するのです。

ともすれば、これを

 『うまくいっていない状態』

と、解釈してしまいがちです。

当然ながら、仕入れ値のアップを止めて、
毎月同じぐらいの金額を仕入れれば
目に見えて利益分の金額が増えていくようになります。

もう少し具体的に説明しましょう。

経理上の『資産』には色々な意味合いがあって、
当然『お金』も資産として計上されますが、
『商品』または『在庫』も資産として計上されます。

ビジネスは言わば、

 『自分の資産を増やしていく』

ことによってなりたっていますので、
そんな形であれ『資産』が増えることが望ましく、
『資産』が減るのは好ましくありません。

で、今回のパターンですが、

仕入れる前は、自分の手元にお金があります。

仕入れをすることによって、
その『お金』が、『商品』というものに
変わることになります。

でも、『資産』はなくなったのではなく、
『商品』に形を変えただけですよね。

仕入れをして利益が出れば、
当然、『総資産』は増えていくはずです。

ですが『お金』がイメージどおりに増えないため、
『資産が増えていないのではないか』
と、勘違いしてしまうのです。

仕入れ値を毎月増やしている状態というのは、

 『お金を商品に変えまくっている状態』

となり

『自分の資産のうち【お金と商品】の割合が、
  【商品側に】偏っている状態』

と解釈することができます。

輸入ビジネスをはじめた当初は

お金 100:商品 0

だった割合が、

お金 70:商品 30

になり、仕入れ値を増やしている状態だと

お金 100:商品 0
の状態に戻る前に更に仕入れをしますので
お金 30:商品 70

などの割合になっていくわけです。

仮に3ヵ月で総資産が

100万→120万になっていたとしても

もともと お金 100:商品 0
だった3ヵ月前には現金を100万円持っていたのに
総資産が120万円になった3ヵ月後には
お金 30:商品 70
の割合になっていて、現金は40万に減っている。
(ちょっと極端すぎますが)

ということになるのです。

でも、よく考えれば『商品』として
80万円ぐらいの資産を持っているわけで、
ちゃんと資産は増えているんですよね。

仮にこの状態で仕入れを一切やめたとします。

すると、少し後には自分の手元に現金が
120万円残ることになりますよね?

単純な話なんですけどね。

不動産投資などで、1000万投資をして、
毎月30万円の収入がある場合に、

 『1000万円持っていたのに、今は30万円しかない』

とは考えないですよね。

物販も投資と似たようなものなので、
当然利回りがついてお金として戻ってくるまでに
タイムラグがあるわけです。

まぁ、投資と比べたら恐ろしく早く戻ってきますが(笑)

僕も当時はその部分不安だったので
多分おなじ不安持っている人いるかなぁ。
と思ってこんな記事書いてみました。

参考にしていただけると嬉しいです^^

 




登録


ps、LINE@はじめました^^ メルマガやブログに載せない内容も いろいろ企画していく予定です。 よろしければご登録お願いします!!

登録


-経理・税金