Amazon攻略

Amazonレビュアーランキング、上位に食い込む方法とかについて


 

 

こんちくわ。
としぞーです。

 

なんだかんだコツコツと1年ぐらい
Amazonのレビュアー活動をしています。

 

継続は力なりとはよく言ったもので、
現在はなんと344位まで順位を伸ばすことができています。

 

 

 

 

レビューの数、参考になった投票はこんな感じ。

 

 

 

 

レビュー222件に対して参考になったが1431件。
1レビューあたり6-7件程度の割合ですね。
1年で222件だから1日0.6件ぐらいか。

 

まぁこんな感じでレビュアー活動をしているわけですが
この状態で商品にレビューをすると

 

 

 

 

ってな具合に『ベスト〇〇レビュアー』と表示されるので
まぁまぁ気持ちが良いです。

 

ということで、今回はAmazonのレビュアー活動をする意義やメリット。
そして上位を取るための方法論について解説します^^
興味ある方少ないかもですが、ぜひご覧ください!

 

 

 

Amazonレビュアー活動の意義

 

 

1年前に僕がレビュアー活動を始めた動機の話なのですが、
これはかなり明確でして、

『VINE先取りプログラムメンバー』になりたいから。

でした。

 

『VINE先取りプログラム』はAmazonが公式に提供するレビューシステムで
Amazonに出店する企業が(かなり大手もあり)
VINEメンバーに無料で商品を配り、メンバーはその商品をレビューする。
といういわゆるサクラレビューに近い仕組みです。
Amazonの規約上は勝手にやると最悪アカウント停止になる案件なのですが
Amazon自身が主催しているシステムなので超安全。

 

しかも、大手企業の数万する商品などももらえる可能性があるので
メンバーになれたら超お得なのです。

 

しかし!メンバーになるためには現状Amazonに招待してもらう。
方法しか間口がなく、Amazonに招待してもらうためには
レビュアーのランキングを上げるのが一番確実である。
という情報があったため、興味を持ったんですね。

 

どうやら1万位以内からメンバーになっている人が見受けられるので
何かのアルゴリズムで決めているとは思うのですが、
500位切った今も誘われず・・・笑
いつメンバーになれるのか・・・

 

そんな動機で始めたレビュアー活動なのですが、
やっているうちに他にもメリットがあることに気づきました。

 

 

 

Amazonレビュアー活動のメリット

 

SEOとCVに強いレビューが書ける

 

Amazonが公表しているわけではありませんが、
どうやらレビューごとに『そのレビュー自体の強さ』があるっぽいです。

 

強いレビューがついたときはそうでない時と比べて、
検索順位の上がり方が大きくなったりする動きが実際に見られました。

 

このビジネスをしていると知り合いにレビューを依頼される。
ってことがあると思うのですが、
その際にレビュアーとしてランキングが高いと相当な貢献ができます。
(今の環境では同一人物の商品には2件までしかレビューできないけど)

 

やるやらないはおいておいて、
商品代以上のお金を貰っても良いぐらいの力があります。

 

これはSEOに限ったことではなくて、
CVにも大きく寄与します。

強いレビューはページ内のレビュー同士の上位表示にも有効です。
簡単に言うと『強いレビューの方がそのページのレビューの中で
目立ちやすい場所に表示される』ってことです。
(他にも違う要素あるので絶対ではないのですが)

 

つまり、誰かにレビューをしてあげた際に
自分のレビューが常に一番最初に表示される。って状況になるのです。
そのレビューをしっかりと作り込んでおけば、
もはや商品のCVをあげる要素の一つになるわけです。
(これすごく効果高いです)

 

現状Amazon販売においてはレビューの力が
良い意味でも悪い意味でも大きすぎます。

 

そこに強いアプローチができるだけで
ランキング上位にいる価値はあると思いますね!

 

 

死ぬほどレビュー依頼が来る

 

正直、どこでメールアドレス取ってんねん。と思うのですが
(昔はレビュアーランキングの一覧でレビュアーのアドレス抜けましたが
今はそれができなくなっているはずなので)
ランキングが上がれば上がるほど、レビュー依頼のメールが増えます。

 

主に中国系なのですが、最近来たものですと

・スマートウォッチ
・ドローン
・カーナビ
・モバイルバッテリー
・折りたたみ傘
・靴、洋服
・ゴルフバッグ

などなど。

 

結構マジな商品のレビュー依頼がゴロゴロ来ます。
今の所は全部断ってますが・・・

 

以前にも書きましたがこれらの依頼を受けて
(レビューするだけで商品代+1000円とか普通にある)
さらにものを転売すれば錬金術です。
利益率無限です。

まぁそれで儲かるっていことはないでしょうけども、
上記の商品などに興味があればもらい放題なんで
結構美味しいと思いますよ!

 

 

ライティング能力が若干上がる

 

後述しますが、レビュアーランキング上位に食い込むためには
『共感』を呼ぶレビューを量産することが重要です。

 

そして、この『共感』を意識してアウトプットをすることこそ
コピーライティングの基礎の勉強になるのです。

 

『共感』してもらえるように意図的に文章を作って、
目論見通りバズったときは気持ち良いです。

 

実際に僕がレビュアー活動を始めた際に、
一人のクライアントさんと一緒にやったのですが
そのクライアントさんもこの部分が一番メリットだった。
とおっしゃっていました。

 

 

 

Amazonベストレビュアーへの道!

 

 

どうでしょうか?
ベストレビュアー目指したくなりましたか?笑
(ならないんだよなぁ、これが。)

 

ってなわけで、最後にベストレビュアーになるための
具体的なノウハウを書いて終わります!
物好きな方は是非参考にしてください^^

 

 

ポイントはレビューの数ではなく、参考になった投票

 

ちょうど1年前ほどにレビュアーランキング自体のアルゴリズムが変わりました。

 

それまでは『レビューの数』がかなり評価されていたのですが、
明らかに『参考になった投票』を評価するように変わったのです。
(レビュー5000、投票3000みたいな人が2000位ぐらいだったのに
あるときに一気に圏外に飛ばされたりしてました。)

 

平たく言うと
『レビューの数に対してより参考になった投票が多いこと』
が評価されている感じです。

 

レビュ−1000、投票1200のレビュアーよりも
レビュー300、投票900のレビュアーの方が
ランキング高かったりします。

 

そもそも、レビューの数だけ稼ごうとすると、
あからさまなレビューの量になるので
スパムを疑われて、レビュー禁止の措置を受けることもあります。

ですから、レビューをしまくれば良いのではなく、
良いレビューをコツコツ少量し続けて
投票を集めることが何よりも重要なのです。

 

 

参考になった投票をもらうには『共感』を駆使する

 

皆さんって、Amazonのレビューを参考に商品を買うことはあっても
そのレビューの『参考になった』投票をすることってありますか?
(その機能自体を知らない人もいると思うけど)

あんまりいないと思うんですよね。

 

なぜかと言うと、それ押しても別に得しないから。

 

これ系の行動ってのはその行動自体にはメリットがないですから
心から『そうしたい!』って思ったもらわないと
なかなかその行動を喚起することってできないんですよね。

 

だからこそそれなりの『心の動き』が必要で、
心が一番動きやすい状態ってのが『共感』なのです。

 

『共感』には大きく分けて

・感動の共有
・怒りの共有

この2つの種類があります。

 

感動の共有ってのは例えばある映画を見たときに
心から感動してその映画の評価サイトを見にいってみたと。
すると全く同じ意見を書いている人がいて
「そうそうそうそうそう!!!!!!!!!」
と共感してしまった。状態ですね。

 

怒りの共有に関しても同じで、
例えばある飲食店で店員さんのサービスが最悪だった。
で、食べログとかみたら同じ被害にあっている人がいた。
「そうそうそうそうそうそう!!!!!!!!!」
と共感してしまうわけです。

 

この瞬間の心の動きってかなり強いんですよね。
それこそ『参考になった投票」をする程度には。

つまり、ここを狙っていくのです。

 

蛇足ですが参考になった投票をもらうのに
『HowToを解説する』方法も有効です。
が、これは商品知識がないとできないやり方なので
レビューを量産することができません。
なので今回は除外します。

 

 

周りの共感を『わかりやすくまとめる』

 

では『共感』をもらうためにはどんなレビューをするべきでしょうか?

 

実は『0→1』を生み出す必要はありません。
すでにあるレビューをまとめれば良いだけです。

 

まず最初にレビュー全体の割合を見て
『良いレビューに共感が集まるか、悪いレビューに共感が集まるか?』
をジャッジします。

 

その上で仮に良いレビューに共感が集まるって判断をした場合は
当然自分も良いレビューを書くわけです。

 

情報をまとめたいので、すでにある良いレビュー(4.5)を複数見繕います。
その中で多くの人が触れている『良いところ』は本当に良いところなんだろうし
『投票』が多いレビューは共感が強いポイントを押さえているわけで
その辺りを加味しながらくっつけたり強調したりして
自分のレビューを作っていきます。

 

これだけで、投票を集めることができます。
最初は難しいかもしれませんがやっているうちにコツがわかり
簡単にレビューを調合することができます。
そしてこの作業がめちゃくちゃ勉強になるわけです。

 

勘の良い方はお気づきでしょうが、そうなんです。
この方法ですと

『その商品のことを知らなくても』レビューが書けるのです。

 

 

買わなくて良い。

 

 

Amazonのシステム上、商品を購入していなくても
その商品にレビューをつけることができます。

 

購入するとこんなマークがつくんですよね。

 

 

 

 

購入しないでレビューした場合、これが付かないだけです。
(もちろん、購入しないレビューはSEO上弱かったりいろんな要素がありますが
レビュアー視点から見ると関係ないので割愛します)

 

ここが味噌です。

 

『参考になった投票』をもらうには、
その商品ページにアクセスが大量にないといけないし、
かつ共感をもらいやすいようなネタじゃないとダメなわけです。

しかし、そんな商品を都合よく購入していることは少なくて
かといってわざわざ購入するほど投資をするのも違くて。

 

この辺りにギャップがあって、とっつきづらいのですが
実際は購入している必要が全くないので
純粋に『アクセスが多く』『共感を得やすいトレンドもの』
狙っていけば良いだけなのです。

 

もちろん、購入しないでレビューばっかりしていると
Amazonから見た印象は良くないでしょうから、
実際に購入した商品のレビューもした方が良いのでそこはバランスですが。
(ちなみに僕は購入済みレビュー2の購入なしレビュー1ぐらいの
割合でレビューしてます。んで参考になった投票の8割を購入なしの方で
稼いでる感じですね)

 

 

まとめると

 

 

以上のことを踏まえて、僕がやった方法を順を追って解説します。

 

1、協力者(一名)と一緒にレビュアー活動を始める
(協力者とは相互に参考になった投票を押し合う約束をした。
これで1レビューあたり1投票は確定)

2、購入済2:購入なし1の割合で、レビューをしていく
(大体週に合算で3件程度)

3、購入なしのレビューで投票を集める。
その商品のことを知っている必要はなく、大事なのはアクセスと質。
話題になっている映画やアニメ、人物の写真集などをピックアップし
周りのレビューや、他サイトの話題を総合してレビュー作成

4、これを継続するだけ

 

これでレビュアーランキング1000位以内は固いです。
その先はセンスですね。

 

であるからして、全く知らないアイドルのCDのレビューに
『脳がとろけちゃいました^^』
とかレビューすることもあるわけです笑
(僕が過去見たレビューの中で、一番投票を集めていたのは
Nintendo Switchのレビューで転売屋を叩いているものでした。
確か10000件近く。これぞ怒りの共有。)

 

いかがでしたでしょうか!
週に3件で良いので、手軽じゃないですか??
結構オススメなんだけどなぁ。

 

正直、最近僕自身も真面目に活動していないのですが
過去のレビューが勝手に育っていくので
じわじわランキングが上がっています。

 

せっかくここまで来たのでVINEメンバーはもちろん、
100位以内も狙いたいなと思ってますよ!

 

もし!もし興味がある方がいらっしゃいましたら
ぜひ参考にしてください^^

 

 




登録


ps、LINE@はじめました^^ メルマガやブログに載せない内容も いろいろ企画していく予定です。 よろしければご登録お願いします!!

登録


-Amazon攻略