物販ビジネスマインド

ツールの導入を検討するときに考える事

2016/08/29


ビジネスにおいてのツールの存在は
非常に大きい要素です。

ツールを導入しただけで、
一気に売上が上がる事もありますし
コストの削減になる事もあります。

しかし、一口にツールと言っても
星の数ほどのツールがあり、
その中で何をどう選べば良いのかは
正直難しいのが現実です。

そこで、ツールの導入を検討する際の
いくつかのポイントについて
解説してみようと思います。

①時間の短縮になるか。

ツールが果たしてくれる一番の大きな要素が
時間の短縮です。

それによって、今までにその作業に充てていた
自分の時間or人員を他の部分に充てる事ができますので
非常に効率的なビジネスをする事ができます。

基本的には

今までにその作業にかかっていた時間(その金銭的コスト)
(個人であればご自身の時給で計算してください)

ツールを入れる事によってかかる費用と短縮できる時間

と比べたときに、ツールを使用した方がコストの削減になるのであれば
迷わず導入です。

時間とお金ってなかなか同一物として扱うのが難しいですが
できるだけ一緒の単位にして考えましょう。

②ツールを使う事によってあがる売上の期待値

先ほども書きましたが、
ツールを使って時間が短縮できれば
いままでそこに使っていた時間を
他の仕事に充てられます。

これにより、収益が上がる事も
充分考えられるわけです。

そこについて、さまざまなシミュレーションをしてみて
どれぐらい売上アップに貢献するのかを考えてみましょう。

上記①と②を複合して考えるのが基本です。

①だけ見たらツールを導入した方がコストがかかるようでも
②を複合して考えるとツールを導入した方が得なのであれば
導入すべきです。

例えを出すと、ぼくがいつもお勧めしている
『プライスター』
Amazonの価格改定のツールですが、
月額が5800円です。

輸入をはじめて間もない頃は、
時給500円とかだと思います。

すると、一ヵ月で価格改定に12時間以上
かけているようであれば導入すべきという事です。

逆に8時間ぐらいしかかけていないと
単価は4000円程度になりますので
導入すると損をします。

ですが、プライスターを導入する事によって
カートの獲得率が上がり、
月あたりの利益が3000円上昇するとします。

すると、時間短縮の効果(4000円)と
利益の増加(3000円)で
プライスターの月額を超える事になります。

これなら導入した方が良い。

ということですね^^

少し難しい話かもしれませんが
色々と意識して考えてみてください。

なれれば簡単です。

どんどんビジネスを効率化していって
素敵な人生を送りましょう!

 




登録


ps、LINE@はじめました^^ メルマガやブログに載せない内容も いろいろ企画していく予定です。 よろしければご登録お願いします!!

登録


-物販ビジネスマインド