ビジネスマインド

参入障壁と撤退障壁

2016/09/06


これからビジネスをはじめようとしている方。

今やっているビジネスを変えようか考えている方。

今やっているビジネスを向上させたい方。

つまり、ビジネスしている人すべてに
必要な業界分析ですが、
簡単にその業界の特性を図る方法があります。

それは『参入障壁と撤退障壁のバランス』です。

参入障壁とは、その業界に参入するのに

・どれだけ資金が掛かるか。

・それだけ時間がかかるか。

・許可がいるか。

・特別なスキルが必要か。

などの壁のことです。

撤退障壁とは、その業界から去るのに

・どれだけお金が掛かるか。

・どれだけ時間がかかるか。

という壁の事です。

このバランスを4つのタイプにわけて考えてみましょう。

①参入障壁が小さく、撤退障壁も小さい業界。

企業の入れ替わりが激しい業界の特徴です。
輸入ビジネスはこの業界にあたります。

この業界で生き残る為には
参入後に自分で参入障壁を高くする。
という作業が必要です。

そうすれば②の業界に変化しますので
かなりおいしい業界とも言えます。

②参入障壁が大きく、撤退障壁が小さい業界。

参入障壁が大きいので新規業者が入ってくる事は少なく、
撤退障壁が少ないため、不振企業は簡単に消えていきます。

その為、比較的安定した業界と言えます。

これからビジネスをはじめる人には高い壁に見えますが
もうその中でビジネスをやっている人にとっては
これほど好条件な業界はありません。

ビジネスやっている人はこの状態を目指すべきです。

③参入障壁が小さく、撤退障壁が大きい業界。

蟻地獄です。
一番参入してはいけない業界でしょう。

④参入障壁が大きく、撤退障壁も大きい業界。

参入するのにも壁が高く、しかも撤退も容易に出来ないとあれば
そこに挑戦する企業はそうとうな覚悟で参入するはずです。

その為、超競争が激しい業界となるでしょう。

携帯業界なんかはまさにこの業界です。

アフィリエイトとかもそうですが
僕が輸入をオススメするのは、
撤退障壁が小さいからです。

もし、失敗しても特に痛手を負う事なく
業界から撤退する事が出来ます。

更には参入するのは簡単なんですが
そのあとに自分なりの参入障壁を
作り上げるのもそんなに難しい事では
ありません。

こう考えると、輸入は個人のビジネスとして
かなり理にかなったものだという事が言えます。

ビジネスを志したり、悩んだりした時は
参考にしてみてください^^

 




登録


ps、LINE@はじめました^^ メルマガやブログに載せない内容も いろいろ企画していく予定です。 よろしければご登録お願いします!!

登録


-ビジネスマインド