効率アップ

わかっちゃいるんだけど、やる気が出ないときに

2016/08/14


やる気って本当に謎ですよね。

変にやる気に満ちているときがあると思ったら、
その数日後には全くやる気がなくなっているとか。
僕もメンタル強くないので、そんなこと日常茶飯事です。

ものすごい成果を上げている方々には
『やる気魔人』みたいな方がいらっしゃいますが、
心から尊敬してしまいます。

とはいえ、一般人の我々からすれば、
やる気のコントロールってかなり命題になりますよね。

例えば、

病気が治ったとき、
同じ志を持つ人と飲み明かしたとき、
良いセミナーに参加したとき、
素晴らしい本に出会ったとき。

こんなときにやる気が増大します。
少しの間は無敵状態に入るわけですが
いつの間にかいつもの自分に戻っているわけです。

人生は一度きりということもわかっているし
今頑張ることが将来につながることもわかる。

でも、それはそれ、これはこれで、
なかなかその『理論』と『気持ち』が結びつかない。

それよりも、睡眠であったり、遊びであったり。
もっと単純な快楽の方に引っ張られてしまう。

書いていて、心が痛いです笑

だけれども前述した通り

『人生は一度きり』

『今は唯一無二のもの』

なのは間違いないわけで、
いつ死んでも後悔がないような生き方を
したいというのは全員共通の願いだと思います。
(ここら辺は俗に言う本音と建前ですね)

で、僕の場合、なかなかやる気モードに自分を持っていくのが
下手くそな方なので、困ったときにやっていることがあります。

これが結構効果的なので、
シェアしたいと思います。

人生を1日にしたら。という考え方があるじゃないですか。
仮に元気に動ける人生を80年だとしましょう。

で、睡眠時間は考えないものとして、
朝8時に起きて24時に死ぬ1日として考えると。

人生という1日に与えられた猶予は16時間ということになり、
1時間当たり5年換算が出来ます。

僕は今30歳なので、すでに6時間を消費したことになります。
ということは今は14時ということになります。

仮に朝8時に起きたら神様に

『お前、今日いっぱいで死ぬで!』

といきなり死の宣告をされたとして。

すでに14時です。

ちょっと焦りますよね。

普通の休日でも、14時になるとなんとなく
もうできることが制限される時間帯です。

あと3、4時間もすれば日が暮れて
夜になってしまいます。

あと5時間もすれば『サザエさん』が始まってしまいます。

まだやりたいことは沢山ある。
それがまだまだ出来ていない。

だけど、時間は実際にはそんなに残されていない。
そんな感覚になることができます。

どうしても気が乗らない日にはこの人生が1日になったら。
を考えるようにしています。

すると結構な確率で

『ちょっと頑張ろうかな・・・』

と前向きになります。

ダメ元で試してみてください( '-' )/

ちなみに、それを考えても全くやる気が出ない日もあります。
『いや、自分のやりたいこと。後悔しないことはここで
ダラダラすることだ!』
みたいなダメ人間になっているときがあります笑

そういうときはもう無駄なので、ダラダラします笑

 




登録


ps、LINE@はじめました^^ メルマガやブログに載せない内容も いろいろ企画していく予定です。 よろしければご登録お願いします!!

登録


-効率アップ