ビジネスマインド

質問力と質問に答える力

2016/08/14


コンサルをしていますので、
いろんな人を指導することがあります。

少なめに見積もっても今までに300名以上は
指導してきたのですがやはりいろんな方がいます。

 

そして、成果の出やすい人、そうではない人の傾向も見えてくるのですが
今回はそんな傾向の1つをご紹介します。

 

それが

『質問力と質問に答える力』

です。

 

まず、成果を出しやすい人は質問が上手です。

どう上手かというと、比較的シンプルにやり取りが終わる
質問をすることができます。

 

これはなぜかというと、自分自身の問題点を把握できているからです。
極端な例えですが、パソコンが動かなくなってしまったとします。

そういうときに、ちゃんと1つずつ原因を分けて考えられる人は
まずAという原因を確認して、問題がないか調べ問題がなければ次はB。
というふうに一つずつ原因を片付けていくことができます。

非常にシンプルで合理的な思考です。

 

ですので、そのうち原因を突き止めることができるし、
仮にその間誰かに質問するとしても

Aについての質問
Bについての質問

とピンポイントで質問ができますので
答える側も的確に答えることができます。

 

ですが、そこが苦手な人だとどうなるかというと、
いろんな原因が考えられる『パソコンが動かない』という現象に対して
全体でとらえすぎてしまうので、
質問自体がこんがらがったものになってしまいます。

 

 

『パソコンがフリーズして動かないのですが、こういうとき、主な原因って何ですか?』

ーー◯◯であることが多いです。

『試してみました。が、反応なしです。』

ーーでは、◯◯はどうですか?

『それもダメでした。ただ、こういうメッセージが出ました』

ーーあ、ならば◯◯が原因かと!

『動くようになりました!!』

 

 

という流れであればスムーズに問題解決に至りますが

 

 

『パソコンが動かないのですが、買い換えたほうがいいですか?』

ーー動かないとはどの程度でしょうか?重いということですか?

『まったく動かないのです。スペックは◯◯と◯◯です』

ーーフリーズしてしまっているということでしょうか?
それであればスペックの問題ではないような気がしますが

『5年前に買ったパソコンなので、もしかしたらもうダメなのかもしれません』

ーー急に動かなくなるのは考えづらいので、他に原因があると思いますよ!
いつから動かないのでしょうか?

『今日の朝からです。昨日までは動いていました』

ーーその場合、◯◯が原因であることが多いので
まずはそれを試してみましょう。

 

 

という感じで、質問の仕方がまずいと解決に至るまでに
無駄な時間を消費します。

すごく極端な例ですが、こういうやり取りになってしまうことって
結構多いんですよね。

 

同時に、後者のやり取りの場合、
質問の仕方もそうですが、原因を特定しようとしているこちらの
質問に対しての答え方も少しずれていますよね。

質問が苦手な人は、この答える。という行為も苦手なことが多いです。
いろんなところに目がいきすぎていて、冷静ではないので、
質問の意図を汲めなかったり、見当違いの回答をしてしまったりします。

 

そうすると、また解決までの時間が長引いてしまうわけです。

 

一回からいいですが、これが何回もあるわけで、
そうするとビジネス的にはなかなかのダメージになります。

 

些細なことに見えて、これができる人とそうじゃない人で
圧倒的に成果の出方が違いますので、
少し意識してみるといいと思います。

 

これは才能じゃなくて、意識すれば鍛えられる能力ですので
ぜひ自分はどうかな?と考えてみてください( '-' )

 




登録


ps、LINE@はじめました^^ メルマガやブログに載せない内容も いろいろ企画していく予定です。 よろしければご登録お願いします!!

登録


-ビジネスマインド