ビジネスモデルごとの特徴

輸出ビジネスを分析 2

2016/09/06


個人のビジネスを分析するときに
欠かせない要素はいくつかありますが、

その中でも

『成果の出しやすさ』

 『継続のしやすさ』

 『成長期待値』

 『労力の少なさ』

 『総合オススメ度』

という項目で評価、分析していきたいと思います。

で、輸出ビジネスですが

成果の出しやすさ  ★★☆☆☆
継続のしやすさ   ★☆☆☆☆
成長期待値     ★★★★☆
労力の少なさ    ★★★☆☆
総合オススメ度   ★★☆☆☆

という感じです。

まず、ご理解いただきたいのが、
輸入と輸出の違いです。

国家間の価格のミスマッチをついて
利ざやを抜くことは共通しますが、
その他はまるで違うビジネスです。

一番の違いは、

 『お客様』

です。

輸入の場合は販売するのは日本人ですよね?

輸出の場合は当然海外の人に商品を販売します。

仕入れはその逆になるのですが、

海外から仕入れる

のと

海外に売る

のでは大きな違いがあります。

仕入れ先の担当が外人でも、
ビジネスの話ですから、比較的スムーズに
話を進めることができます。

ただ、お客様が外人になるとそうはいきません。

クレームなどがくると、正直しんどいでしょう。

英語が堪能な方はそこをクリアできますので
輸出はとてもオススメできます。

しかも海外の銀行口座や各種登録が
ややこしいため、参入障壁も高めです。

ということで『成果の出しやすさ』は星2つ。

同時に『継続のしやすさ』は☆1つ。

僕の知っている限りでも、
輸出を途中で諦めた人はそうとうたくさんいます。

これだけ見るとめちゃくちゃ悪いビジネスみたいですが
そんなわけではありません。

初心者が参入しにくい、継続しにくい。
とくれば、実際にやっている人は
ある程度安定して稼げるということでもあります。

やり方にもよるのですが、
(無在庫販売とかは、キツいです・・・)
しっかりと仕組みを作って、気合い入れてやれば
大きな成果を見込むことができます。

せどりの項目で限界が30万かなぁ。と書きましたが
輸出なら1人で100万は普通に稼げます。
(もちろん、最初は大変ですよ)

しかも、方法論を知ってしまえば
他の国にもそれを当てはめることができますから、
成長期待値は星4つ。輸入よりも高い評価です。

同時に、せどりほど労力がかかりませんので、
副業でも十分できるのも高評価です^^

ということでまとめると

『初心者には厳しいビジネスだが、
  型にはまれば物販最強の成長期待値を持つ
  玄人向けのビジネス』

という感じです。

総合オススメ度は星2つ。

まさに『アメリカンドリーム』を
手にしたい人はぜひ^^

 




登録


ps、LINE@はじめました^^ メルマガやブログに載せない内容も いろいろ企画していく予定です。 よろしければご登録お願いします!!

登録


-ビジネスモデルごとの特徴