Amazon攻略

Amazonから『要ご対応:出品キャンセルのご連絡』のメールが来たときの対処方法

2016/10/24


l_230

Amazonアカウントスペシャリストから、普段見慣れないメールが届くと
慣れている僕ですらちょっとビクッとします。

それが、まだ慣れていないはじめて間もない方の元に届いたら・・・

生きた心地がしないですよね。

ということで、今回はそんなメールの中でも
比較的来る可能性が高く、かつ生きた心地がしないメール

『要ご対応:出品キャンセルのご連絡』

について解説をしたいと思います!

 

 

ある日急に届くこんなメール

 

文面はそのときによって微妙に違いますが
ある日、Amazonからこんなメールが届くことがあります。

 

平素はAmazon.co.jp をご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび出品者様より発送された商品について、購入者様より寄せられた商品コンディション に関するご連絡を調査した結果、出品者様の出品をキャンセルいたしました。
出品者様にて再出品の処理を行うことは可能ですが、更に問題に関するご連絡が寄せられることを防ぐため、この問題を解決いただくようお願い申し上げます。

問題の種類
ASIN
商品名
カタログと異なる商品/誤った商品

当サイトでは、購入者様および出品者様に信頼されるマーケットプレイスを維持するため、
購入者様より商品のコンディションや真贋に関するご連絡を確認した際は、
速やかに対応を行っております。

■出品者様にご対応いただくこと

出品商品について、下記の項目を確認してください。

カタログ詳細ページと商品が完全に一致しているかどうか
コンディションガイドラインに沿った出品がなされているか

出品商品の編集は、セラーセントラルの在庫タブより可能です (https://sellercentral.amazon.co.jp/myi/search/OpenListingsSummary)

■今後の流れ

出品者様の商品についてさらに問題に関するご連絡が寄せられた場合には、
直ちにアカウントを閉鎖させていただくことがございますので、ご留意ください。

■さらに詳しく知るには

当サイトでの出品は、出品者様の自己責任の下で合法かつ当サイトの規約を遵守しているか随時ご確認のうえ行っていただく必要があります。
さらに詳しく知るには、セラーセントラルのヘルプページにて 「出品者の禁止活動および行為、ならびに遵守事項」「商品登録ルール」「コンディションガイドライン」を検索してご確認ください。

ご不明な点がございましたら、テクニカルサポート(出品者サポート)までご連絡ください。 https://sellercentral-japan.amazon.com/gp/help/contact.html?language=ja_JP (トピックは「その他の質問ま たはリクエスト」をご選択下さい)

Amazonマーケットプレイスをご利用いただき、ありがとうございました。

 

 

どう考えてもビビりますよね。

 

特に文面の中に

『直ちにアカウントを閉鎖させていただくことがございますので』

と書いてありますので、
はじめて見た方はビックリするのではないでしょうか?
(もしかしたらそれでビックリして検索をして
この記事に辿り着かれた方もいらっしゃると思います)

 

でも、結論から言うと大丈夫です。
ちゃんと対処すればそんなに大事にはならない案件です。

ということで、一つずつ解説していきます。

 

『要ご対応:出品キャンセルのご連絡』が届く理由

 

このメールが届く理由はいくつかあるのですが、
大きく分けて3つの理由が考えられます。

・商品が間違っている可能性がある場合
・商品のコンディションが正しくない可能性がある場合
・商品が偽物の可能性がある場合

これらどれかの条件に当てはまるクレームが
お客様からAmazonに入った際に
Amazon側で商品の出品が停止され、
このメールが届くという仕組みだと思ってください。

 

確かに、上記3条件に当てはまるのであれば
直ちに出品を止めるというAmazonの判断は間違っていないですね。

(念のため補足しておきますが、
このメールでの内容は一般的な『アカウント停止』ではなく、
あくまでも『該当商品の出品停止』です。
ですから、そのメールで指定されている商品以外には
何も影響はありません。)

 

全く非がなくても出品停止になる可能性がある。

 

Amazonはお客様至上主義を貫き通しています。

 

ですから、お客様から『偽物が届いた』と問い合わせがあれば
それが真であり、実際はどうなのか?については
あまり意味をなしません。

ですから、完全に問題ない商品を販売していたとしても
お客様がクレームを出せば、該当商品が出品停止になる可能性も
十分にあるわけです。

 

プラットフォームを提供する立場を考えると
致し方ないことだとは思いますが、
仕組み上、冤罪みたいなことはあり得るわけです。

 

もちろん、だからと言って指摘があった際に

『どうせ変なクレーマーに当たっただけだろう』

と思うのは間違いです。

 

完璧な人間はいないように、完璧な仕入れなどありません。
ですから、指摘があった際には必ず商品を疑うようにした方が良いです。
実際『全く問題ない』と思っていて、念のため確認したら
型番違いの商品だった。なんてことも結構ありますからね。

それを踏まえた上で『冤罪もあり得る』ということを覚えておいてください。

 

アカウント停止になってしまうのか?

 

一番気になるところは、やはり

『このメールの指摘が影響して
アカウントが停止されてしまうのか?』

ということだと思います。

 

結論から言うとそんなことはないのでご安心を。

 

※2016年10月現在 最近になってこの指摘の中でも『真贋』に関わる内容に関しては

少し厳しくなっているみたいです。正しく対処すれば問題はありませんが

このケースの場合はできるだけ真摯にメールに対応してください。

 

 

僕自身このタイトルのメールは少なくとも
今までに10回ほどAmazonから届いています。

が、それがアカウント停止につながったことはないですし
そういう話もほとんど聞きません。

 

Amazonからくる注意にはいろいろあり、
その内容ごとに重さが違いますが、
語弊を恐れずにいうならばこのタイトルのメールは

『かなり軽い方』

の指摘だと思って良いかと思います。

 

正しく対処をすれば大きな問題にはなりませんので
ご安心ください。
(商品が悪質な場合は状況は変わりますが・・・)

 

メールが届いたときの対処法

 

では、『要ご対応:出品キャンセルのご連絡』のメールが届いたら
どのように対処すれば良いのでしょうか。

先ほども書きましたが、商品にどんな問題があるかによって
メールの内容が微妙に違いますから、
一概には言えませんが、大きく分けて2つのパターンがあります。

 

パターン1 再出品について触れられていないとき

 

このパターンの場合、Amazonに謝りのメールを送り
該当商品を今後取り扱わない。

これだけで、問題は解決します。

『要ご対応:出品キャンセルのご連絡』の中でも
さらに軽い指摘になりますので、
ちゃんと反省の意思をAmazonに伝えれば
それで問題はありません。

 

もちろん、当然ですが思い当たる節があるのであれば
二度と同じミスを犯さないように注意しましょう。

 

パターン2 再出品について言及されている場合

 

このパターンでは対応の仕方がいくつかあります。
メールの中に

 

◼︎本商品の出品再開をご希望の場合は、このメールに返信する形で以下の資料をご提示ください。

・商品の真贋に関するご連絡の場合

6ヶ月以内に発行された商品の注文書、領収書または請求書の写し.
(該当期間の販売数との整合性が取れているもの)
代理店、仕入先の連絡先情報(名称、電話番号、住所、Web URLなど)
その他追加情報)

ご提出いただく書類に関しては、曖昧な部分がないもの(価格に関する情報は非表示でも可)をご用意 いただき、pdf, jpg, png, gif 形式のいずれかでお送りください。

・その他のご連絡の場合

ご連絡の原因となった問題の説明
問題を解決しかつ今後同じような問題を発生させないために取った手順の説明
その他追加情報

 

というような記載があると思いますが、
出品するためには上記条件をクリアする必要があります。

 

人にとってはこの条件をしっかりとクリアして
再出品にこぎつけましょう!
という意見もあるのですが、僕個人の意見としては
そうじゃない方が良いかな?と思っています。

 

再出品はあきらめて、その商品は扱わない方針に
切り替える方が良いと判断しています。

 

というのも、再出品に言及されているメールの場合
このような文言が内容に含まれています。

ご提出いただいた情報をもとに審査を行い、出品再開の可否を判断させていただきます。
出品した商品について再度問題が発生した場合、
Amazon.co.jpの出品アカウントを停止させていただく場合があります。

つまり、再出品できたとしても
その商品で再度問題を起こすと
今度こそアカウントの停止があり得るよ。
ということですね。

 

もちろん、しっかりと対策をすれば
偽物を売ったり、間違えて売ったり、コンディションが違ったり。
ということは限りなく0にできるでしょう。

しかし、前述した通り、どれだけこちらが万全を期しても
『冤罪』は避けられません。
仮に、再出品をして、その商品に間違いだとしてもクレームがきたら。
その部分はAmazonには関係ないので考慮されません。

 

つまり、どれだけ万全を期してもアカウント停止の可能性が
少しだけ残ってしまう。ということなのです。

 

だったら、いっそ再出品はせず、
(商品に問題がないならば他販路で捌けばいいだけです)
停止のリスクを根絶した方が間違いないです。

そういう判断をした場合は、
商品は二度と再出品しない。という対応だけで
このメールに対する対応は終わりで大丈夫です。

 

少し、もったいないと思うかもしれませんが
アカウントの命と比べたら軽いものです。
リスクとリターンを天秤にかけると
僕個人としては再出品をするメリットは薄いと思います。

 

 

 

このような感じです。

あくまでも僕はこうしてます。
ぐらいに受け取っていただけると幸いです。

こういうメールが届くと居てもたってもいられないじゃないですか。
そんなときにこの記事を読んで

『あ、少し安心できた』

と思ってもらえたら幸いです^^




登録


ps、LINE@はじめました^^ メルマガやブログに載せない内容も いろいろ企画していく予定です。 よろしければご登録お願いします!!

登録


-Amazon攻略