欧米輸入マニュアル

Amazonにおけるカートボックスの考え方について

2017/09/08


 

Amazon転売を攻略する上で、
『カートボックス』について深く理解することは
非常に重要な要素になります。

 

この章では、カートボックスについて
余ることなく解説させていただこうと思います。
ぜひじっくりご覧になってください。

 

 

 

カートボックスとは

 

 

Amazonでは同一商品を複数の出品者が出品する場合、
別々のページを作って販売するのではなくて、
一つのページ内で競合して販売する仕組みを取っています。

ちょうど以下の画像のような形ですね。

 

 

Amazon2

 

 

このページの場合、この商品の出品者は
43名いることになります。

43名が同じページ内で同じ商品を販売しているのです。

 

お客様はその中から好きな業者を指定して
商品を購入することができます。

 

ただ『好きな業者を指定して』というと少し語弊があります。
Amazonに相当詳しい人ならば上記のトップページから
以下の出品者一覧のページに進み、
そこで出品者のチョイスをすることができます。

 

Amazon3

 

 

 

しかし、実際はここまでしっかりみて購入をされる方は
まだまだ少ないのが現状です。

 

多くの場合、商品のトップページを見て、
その価格が妥当ならばそのままカートに商品を入れて
決済をしますよね。

 

この『商品のトップページ』のことを『カートボックス』と呼び、
ここに自分を表示させることを『カートボックスを取る』
と表現します。

 

イメージでいうと、Amazonで販売する場合
商品が横並びに並んでいるのではなく
コンビニのように縦に並んでいる状態になっているのです。

 

 

zgaofuad9

 

 

ですから、如何に一番手前に自分の商品を持ってくるか。
Amazonを攻略するためにはここがすごく重要なのです。

 

カートさえ取って入れば、競合が10人いようが100人いようが
自分の商品が売れていきます。

では、『カートを取る』ためには何をしたら良いのでしょうか?

 

 

 

カートボックスの選定方法

 

 

Amazonでは、出品商品ごとに複雑なアルゴリズムで
カートボックスに表示するセラーを選定しています。

まず初めにその算出方法を表にしましたので
それをご覧ください。

 

 

zhyou

 

 

このようにいくつか項目があり、
その項目ごとにポイントをつけて
一番ポイントが高いセラーをカートに選んでいる。
と理解して良いと思います。

 

 

その中でも重要とされているのがまずは価格です。

 

当然ですが、安い価格の方がお客様に喜ばれますから
Amazonとしてもカートに表示したいわけです。

現在Amazonでは価格改定の他に
Amazonポイントをつけることによる還元もできるようになっています。
ですので、価格とポイントを考慮して一番安いセラーが
カートを取る可能性が高いと言えます。

 

 

また、同じぐらい重要なのが配送速度です。

 

『届くのが早い』はAmazonの代名詞ですから、
ここも非常に重要視されています。

ただ、ここに関してはこのマニュアルを読んで
物販をしようと思っている方にはあまり関係がないです。

Amazon転売では、FBAを利用して商品を販売します。
FBAを利用すると、Amazonが配送を代行するわけですから
理論上届く速度は最速になります。

そのため、FBAを利用している場合は
『配送速度』のポイントはマックスだと理解して結構です。

 

 

重要度がB以下の要素に関してはそこまで気にしなくて良いです。
真っ当に販売をしていれば、出品者ステータスが大きく
悪くなることもないでしょうし、

 

在庫数や販売実績のポイントはそこまで大きくないので
誤差の範囲です。
(もちろん、ここまでちゃんとやるとかなりカートが取れます)

 

ですので、基本的にはFBAを使っていて、
FBA利用者の中で最安の値段をつけていれば
カートボックスは取れるということですね。

 

リサーチをする際も、その価格を基準に
計算をして仕入れるかどうかを判断するわけです。

最初は色々と戸惑うかもしれませんが、
慣れてしまうとこんなにわかりやすい仕組みはありません。

 

 

 

無駄な価格崩壊は避けよう

 

 

『最安値にするのがカートを取る方法』だと解説しましたが
必ずしもすべての出品者の中で最安値を目指す必要はありません。

 

というのも、競合全員がカートを取りたい。
と思っているわけですから、
自分が最安値を更新すれば、当たり前のようにそれを
再更新される可能性があるからです。

これが繰り返されてしまうと、
思っていた以上に大きな値下げ合戦になってしまい
引くに引けなくなって赤字になってしまった。
ということにもなりかねません。

 

ですから、僕がお伝えしたいのは
『常にカートを取れる位置にいること』
であり『カートを独占する』ことではないのです。

 

確かに、自分だけ最高ポイントをキープしていれば
カートを独占することができるかもしれません。
しかし、競合も同じことを考えていたらその争いは続きます。

ですから、ある意味お互いが妥協点を見つけて
そこで落ち着くのが望ましいのです。

 

実際、全く同じ条件で競合が存在している場合は
順番にカートが回ってくるようになっています。

 

例えばAという商品に4名の出品者がいたとします。
すべてFBAを利用している出品者です。

出品者Aは2000円
出品者Bも2000円
出品者Cは2050円
出品者Dは2400円

という感じで値付けをしているとしましょう。

 

色々な要素でズレはありますが
だいたい上記の状態ですと

出品者Aは1日に10時間
出品者Bも1日に10時間
出品者Cは1日に4時間
出品者Dは0時間

カートを取得できる感じになります。

 

自分が一人だけポイントで優っていなくても
しっかりとカートを取ることができるのです。

 

ですからこの場合は2000円-2050円の範囲で
値付けをすると良い。ということですね。

 

 

間違っても欲を出して1900円とかで出すと、
競合もそれに合わせてきますので、
何も良いことがありません。

 

ベテランの人であればあるほど、
この辺りは理解しているのですが、
始めたばかりですと売れないのが不安だったりして
急いで値下げをしてしまったりします。

Amazonで起きている値下がりの多くは
こういったことが原因なのだと思います。

 

仕組みを理解していれば避けられることですから
ぜひしっかりと理解するようにしましょう。

 

 

 

 

 

いかがでしょうか。
Amazonにおける『カート』の重要性と
その仕組みについて理解していただけたと思います。

 

これを理解しないでいくらリサーチしても
あまり意味がないですから
100%理解するようにしてください。

 

詳しくなると、カートを取るテクニックだけで
まぁまぁ稼げたりもします^^

 

 

 

 




登録


ps、LINE@はじめました^^ メルマガやブログに載せない内容も いろいろ企画していく予定です。 よろしければご登録お願いします!!

登録


-欧米輸入マニュアル