Amazon攻略

FBA小型・軽量商品プログラムについてまとめてみた

2018/11/16


 

 

 

今自分の中でマイブームになっている
『FBA小型・軽量商品プログラム』

 

まだまだ取り組んでいる人が少ないので
めちゃくちゃチャンスがある制度です。

今回は小型納品プログラムについてまとめようと思います^^

 

 

 

FBA小型・軽量商品プログラムとは?

 

 

FBA小型・軽量商品プログラムとは
簡単に言うと、その名称の通りなのですが

『小さくて軽い商品のFBA発送手数料を特別に安くするよ』

ってサービスのことです。

 

具体的には

 

・商品代金1400円以下
・商品重量が950g以下
・商品サイズが2.3×23.5×30.0cm以下、もしくは3.3×17.0×20.0cm以下
・過去4週間で出品者出荷およびFBAで25個以上の販売実績

 

これらの条件を満たした商品に適応させることができます。

 

少しハードルが高いように思えますが、
意外と条件を満たす商品って多いです。

さらに言えば、受けられる恩恵がかなり大きいので
わざわざこのプログラムのために
商品を探すのもありなレベルです。

 

 

 

FBA小型・軽量商品プログラムのメリット

 

 

まず、何と言っても最大のメリットは発送手数料でしょう。

 

FBA小型・軽量商品プログラムには2つの配送パターンがあるのですが、
このような感じで分かれています。

レターA 2.3×23.5×30.0cm以下
レターB 3.3×17.0×20.0cm以下

 

FBA小型・軽量商品プログラムのページに載っている
表を貼り付けますが

 

 

 

 

これをみてわかる通り、
レターAの場合でも最小で47円安くなります。
レターBに至っては標準サイズとなりますので、
最小でも161円も安くなる!

 

価格帯が1400円以下ですので、
その価格帯で100円以上のコストダウンが
どれだけ利益率に影響するかは説明するまでもありません。

 

仕入が600円で、売値が1300円(販売手数料引き後1100円)があるとして、
通常ならそこから360円の発送手数料が引かれますので
利益は140円。利益率でいうと10%程度だったものが、
発送手数料が199円になると、利益が301円。
利益率は23%まで上がるわけです。

これはでかい。

 

また、FBA小型・軽量商品プログラムに適応された商品は
『あわせ買い対象商品』になりません。
単品で購入しても、別途送料が必要になることがないため
さらに販売機会を増やすことができます。

 

さらにさらに。
この価格帯の商品はまだ多くの方が自己発送で
頑張っていますので、
FBA小型・軽量商品プログラムに登録すればFBA扱いですから、
カートを独占できる可能性が結構高いです。

 

まさに良いことづくめです。

 

仮に、条件に見合う商品を持っていて、
このプログラムを利用していない人がいるとしたら
それはお金を捨てているのと同じです。
デメリットないですからね。

控えめに言って神!!!

 

 

 

FBA小型・軽量商品プログラムの利用方法

 

 

商品登録

 

FBA小型・軽量商品プログラムを利用するにあたっては
普通の納品とは違うフローが必要です。

が、超簡単ですので怖がる必要はありません。

 

まず、商品のSKUが必要ですので、
いつも通り商品登録をしましょう。

 

その後、FBA小型・軽量商品プログラムの申請をします。

 

こちらのページにアクセスをして
https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/ssof/workflow/upload/upload-uno-offer-enrollment.html
テンプレートをダウンロードします。

 

 

 

 

ダウンロードしたテンプレートに指示通り
記入をしていきます。

 

登録したいSKUをコピペするだけです。

 

 

 

 

作成できましたらそのファイルを
『テキスト形式(タブ区切り)』
で保存します。
(OSやバージョンによって表示は違いますが
保存時の形式選択で選べるはずです)

 

 

 

 

保存しましたら、そのファイルを先ほどのテンプレートの
ダウンロード画面でアップロードします。

 

 

 

 

たったこれだけです!!
登録成功すると↑の下の方に履歴が現れます。

 

 

 

 

後はAmazonからFBA小型・軽量商品プログラムに
該当する商品かどうかのメールが届きますから
そこでOKが出ていたら登録は終了です。

 

 

納品方法

 

納品方法も簡単です。

 

*注意点

→1SKU24個以上の納品しか受け付けていません
→納品先は2018年11月現在、埼玉の吉見倉庫に固定されます。
(そこでしかFBA小型・軽量商品プログラムの商品扱っていない)

 

基本的にはいつも通り納品すれば良いのですが、
ちょっとだけいつもと納品ルールが違います。

 

まず、同一SKU商品は一つの袋にまとめる必要があります。
梱包案件には以下のような文言があります。

 

2)
商品梱包

個々の商品に「商品ラベル」を貼付した上で、
同一ASIN単位に以下いずれかの方法で
まとめて梱包する必要があります。

a.袋の中身が見えるように透明な(半透明はNG)
ビニール袋等で包み、表面に個数を貼付し納品

b.
単一商品専用のメーカー箱を用いて、
箱に表記されている数量分だけ同一商品を梱包して納品
※メーカー箱の商品コード(JAN・EAN/UPC等)は隠して下さい。

 

つまり、バラバラに商品をダンボールに詰めて納品すると
受取拒否される恐れがあるということですね。

 

出品大学の画像を拝借するとこんな感じ。

 

 

 

 

SKUごとに綺麗に梱包して納品しましょう。
(1SKUで納品する場合はこの梱包が必要かどうかですが、
試しに何もしないで送ったら普通に受領されました。
が、念のためやっておいた方が良いでしょうね。)

 

後は普通に納品するだけです。

 

 

 

戦略

 

 

どうでしょうか?
意外と簡単そうですよね。

ですから、どんどんFBA小型・軽量商品プログラムの
対象となる商品を狙って良いと思います。

 

一応留意しておく点としては

・FBAマルチチャネルサービスが使えない
・ギフトサービスが使えない

と言ったところでしょうか。

 

また、適応条件の

『過去4週間で出品者出荷およびFBAで25個以上の販売実績』

に関してはASIN単位での数になりますので、
出品者全体でその量を販売していれば良いのですが
どちらにせよ24個以上の納品になりますため、
競合が多い場合はその何倍も売れている必要があります。
(在庫回転気にするなら)

 

この辺りを留意しつつ、商品を探すと良いと思います。

 

特に効果的だと思うのは、
自己発送セラーのセラーリサーチです。

通常はFBAセラーのリサーチをすると思うのですが、
むしろ自己発送しかいないページがチャンスになりますので
あえてその辺りを狙うと美味しいかと。
(実際僕もやってみて結構商品見つかりました)

 

転売でももちろんいけますが、
交渉の方がよりマッチすると思います。

 

また、先月より価格の条件が

800円以下→1400円以下

になったことにより、
欧米輸入品でも条件を満たせる可能性が出てきました。

 

欧米輸入に関してはなおのことFBA小型・軽量商品プログラムを
利用している方が少ないので、
まだまだブルーオーシャン続くと思います。

 

もともと、単価が安い商品は不人気です。
(僕の感覚からするとなんで不人気なのかが理解不能ですが)

 

ですからこの辺りで上手くやると、
資金回収も、利益率も良い収入源を作れるはずです。

ぜひ参考にして取り組んでみてください^^

 

 




登録


ps、LINE@はじめました^^ メルマガやブログに載せない内容も いろいろ企画していく予定です。 よろしければご登録お願いします!!

登録


-Amazon攻略