Amazon攻略

続・Amazonポイントは必要なのか(カートの獲得率についても)

2016/08/25


今、深いところでは話題になっているAmazonポイント。

お客様に浸透したかというと、
まだまだだと思っていますが、
少しばかり影響はありそうです。

Amazonポイントが活用できる要素は2つあって

・お客様への訴求効果

・Amazon内のカート獲得アナグラムへの影響

なんですね。

前述した通り、お客様にはまだ浸透していないので
あまり訴求効果はないのですが、
色々と試した結果、後者のカート獲得率には
少し影響があることがわかりました。

いくつか例をあげて解説しますね。

ケース1

出品者A 2000円 ポイントなし
出品者B 2000円 ポイント100

このケースは思ったよりもカートが取りやすそうです。

通常であれば半々ぐらいにカートが割り振られますが
体感では(検体が少ないのであくまで体感レベルの話です)
1割から2割程度獲得率が上がった気がしました。

ケース2

出品者A 2000円 ポイントなし
出品者B 2200円 ポイント200

このケースも思ったよりもいけました。

半々にはならないけど、
半分に近いぐらいカートが取れました。

通常だと、カートがもらえても2割ぐらいですからね。
効果ありかと思います。
(でも、2000円に設定した時と違いがないですが笑)

ケース3

出品者A 2000円 ポイントなし
出品者B 4000円 ポイント2000

このケースですが、なぜだかあんまり効果がなかったです。
理論上、同じ条件ですからいけると思ったんですけどね。

上記結果を踏まえて考えると、
ポイントつけるならその分安くしたほうが
効果は高い。

ということになりそうです。

しかしながら、価格を安くすると値下げ競争が起こりますので
そこをポイントでさらっと差別化。
という感じでしょうね。今は。

今後、もっとポイントが浸透してきたら、
価格競争と同じようにポイントのつけ合いが
始まると思います。

きっとポイント自動調整のツールも
でることでしょう。

いまいち、価格との差別化ができていない感のある
ポイントですので、
今のところ、僕は否定的ですね。

でも、うまくハマれば面白そうなので
今後も色々と試してみようと思います。

なにか進展があったらシェアしますね^^

 




登録


ps、LINE@はじめました^^ メルマガやブログに載せない内容も いろいろ企画していく予定です。 よろしければご登録お願いします!!

登録


-Amazon攻略