Amazon攻略

ebayへの返送返品方法【輸入転売ビジネス】

2016/10/24


p30eepa-v3v4

前回のAmazonへの返品方法に引き続き
今回はebayへ商品の返送をし、返金をしてもらう方法について
解説させていただきたいと思います。

非常に簡単ですので、
ぜひ参考にしてみてください。

 

セラーに返品の意思を伝える。

 

ebayの場合、Amazonのように運営本体から商品を購入することは
ありえませんから、
必ず各セラーから商品を購入しているかと思います。

 

ですから、まずはセラーに

『商品を返品したいよ』

と意思表示することが必要です。

 

まずはその処理から進めていきましょう。

 

ebayのトップページから『My eBay』にとびます。

 

ebay0

 

購入履歴が表示されますから、
返品したい該当商品を見つけましょう。

 

ebay1

 

見つけたら『More actions』の項目の中の『Return this item』をクリックします。

 

以下の様な画面になりますので返品理由を選択します。

 

ebay2

 

ざっくりと返品理由はこんな感じです。

 

・doesn't fit(自分には合わなかった)
・Change my mind(気が変わった)
・found better price(もっと安い商品を見つけた)
・just didn't like it(好みではなかった)
・ordered by mistake(間違えて注文した)
・doesn't work or defective(不良品だった)
・doesn't match description or photos(写真と商品が一致しない)
・wrong item sent(商品を間違えている)
・missing parts or pieces(部品が足りない)
・arrived damaged(商品にダメージがある)
・doesn't seem authentic(偽物が届いた)

 

以上から適切な返品理由を選び、備考欄に何か記入し
(何も書かないと先に進めませんので上記理由と同じ単語で良いので書いておきましょう)
『Request a return』をクリックします。

すると返品を受け付けました。という画面になり
ebayよりメールが届きます。

 

ebay3

 

その後、セラーから返品に関するメールが来るのを待ちます。
あまりにもメールが来ない場合はebayにクレームを出せば対応してくれますが、
だいたい2,3日で返信は来ますのでご安心を^^

 

セラーとのやりとり

 

ということで、次はセラーからメールが返ってきた際の対応についてです。
すんなりと返品に至ればいいのですが、そうじゃないケースもちらほらあります。
今回に関してもまずはダメージの度合いについての逆質問がきました。

 

ebay6

 

どんなダメージがあったの?と聞かれましたのでそれに対して返信をします。
『See request details』をクリックします。

『Reply to seller』をクリックし、返信をします。

 

 

回答を記入し『Send』をクリックすると、メッセージが送信されます。
このような感じで、返品に至るまでやりとりを続ける必要があります。

 

Amazonと違って、ebayは各セラーとのやりとりが主になりますので
返送までにこうやって時間がかかったり、なかなか応じてくれなかったりします。
辛抱強く交渉しましょう。
(最終的にはebayにクレームを出せばほとんどのセラーは返品に応じてくれますが・・・)

 

返送情報が送られてきたら

 

やり取りがうまくいくと、返送先の情報を教えてもらえます。
返送用のラベルを送ってくれることも多いので、
その場合はそれを直接そのまま使えばOKです。

不思議なことに、ebayの場合はそうやってやり取りをしていると
返送なしで返金してくれることも結構多いです。

 

前回のブログで紹介した

『返金を求める時の交渉の仕方』

の①に当たる返金をしてくれるということですね。

 

Amazonに比べると少しアナログ感がありますが、
その分、交渉の余地があるとも言えます。

僕的にはebayってセラーの返金してくれる率が高いと思っています。
交渉次第で全然違いますのでどんどん経験を積んで
色々と交渉できるようになりましょう^^




登録


ps、LINE@はじめました^^ メルマガやブログに載せない内容も いろいろ企画していく予定です。 よろしければご登録お願いします!!

登録


-Amazon攻略